ここから本文です

解決済みのQ&A

土師器と須恵器と弥生土器の違いについて教えてください

nt0029さん

土師器と須恵器と弥生土器の違いについて教えてください

  • 質問日時:
    2010/5/3 21:44:34
  • 解決日時:
    2010/5/18 05:44:31
  • 閲覧数:
    6,138
    回答数:
    3

ベストアンサーに選ばれた回答

amanojack753さん

弥生式土器は、弥生時代に使われていた素焼きの土器です。比較的低い温度で焼いて作られ赤っぽい色をしています。

土師器は、弥生式土器と同じ系統の土器で、古墳時代からこのように呼ばれます。薄くなって、煮炊きに便利になっているとも言われますが、あまり大きな区別は出来ないようです。
年代によって、庄内式土器、布留式土器などと区別されます。これは、平安時代あたりまで使われています。

須恵器は、だいたい5世紀中頃から作られ始めたと言われます。土師器を作るのを止めて須恵器に代わったのではなく、共存していたわけです。
朝鮮半島から製法が伝わったとされ、ろくろを用いて形を作り、窯で焼いて作ります。高い温度で作るため、固く黒っぽい色をしています。主に、貯蔵、あるいは食器としての土器です。祭祀(祭りやお供え)用にも使われました。
須恵器の方が高級な感じですね。

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(2件中1〜2件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

f2797ed78ar957xさん

土師器は弥生式土器の流れをくむ古墳時代の素焼きの器です
一方、須恵器は古墳時代に朝鮮半島の技術を取り入れてつくられた、硬質の焼き物です。陶器と磁器の中間的な性質を持っています。「備前焼」や「信楽焼」などと同じ「せっ器」に分類されます

  • 違反報告
  • ケータイからの投稿
  • 回答日時:2010/5/5 01:50:20

granzootさん

須恵器は朝鮮半島の南端伽耶と日本で呼んでいた地域にのみ見られる土器で中国から伝わったとされてますが果たして何所が起源なのかわかってません。
と言うのは他から似た物すら出てこないからです。
定説では中国>朝鮮半島>日本という伝播ルートが言われてますがそれを裏付ける遺跡なり遺構は見つかってません。
古墳時代から奈良時代までのもの全般に言えることですが、南端のみに残る遺物ではそれが中国からの技術とは証明できないのではないかと思います。
弥生式土器が西から日本に伝わったのは関東との出土品のタイムラグを考えると間違いないですがこれも朝鮮ルートとは考えにくいです。(まったく出てないので)

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する