ここから本文です

解決済みのQ&A

簿記での質問です。貸倒引当金の割合(%)の設定はどんな場合でも高めに設定して...

h145701さん

簿記での質問です。貸倒引当金の割合(%)の設定はどんな場合でも高めに設定しておくことってできないのでしょうか?

倒産の危機もないけれど、一応高めに設定しておけば、いざとなったときに高い引当金をもらえるわけなので損はないと思います。
こういうことってできないのでしょうか?

引当金の設定って各企業でできるのでしょうか?
それとも税務署などが決めてるのでしょうか?

  • 質問日時:
    2010/5/8 12:32:27
  • 解決日時:
    2010/5/8 15:29:18
  • 閲覧数:
    497
    回答数:
    3
  • お礼:
    知恵コイン
    25枚

ベストアンサーに選ばれた回答

ossan456さん

会計上、高めに設定することは、できないことはありません。
しかし、”繰入限度額”を超過した分は税務上は”有税”です。
税務上の損金算入限度額は、(ごくシンプルに)
資本金1億円以下の会社は、期末の「売掛金×法定繰入率(業種によって異なる)」
資本金1億円超の会社は、「売掛金×過去3年の貸倒実績率」
となります。
実際の計算は、もうちょこっと複雑です。
下記を参照されたし。
http://yokosuka.jp/kkjm/hjn/c/hjn-c0303.htm

質問した人からのお礼

  • 感謝みなさん、とてもわかりやすくありがとうございました。
  • コメント日時:2010/5/8 15:29:18

グレード

ベストアンサー以外の回答

(2件中1〜2件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

tarami1663さん

法定繰り入れ率がきまっており、業種によってとか会社の形態(公益法人や組合)等によって率がきまっています。因みに食品の卸売業を営む株式会社は、1000分の10が繰入額の上限です。だから、売上債権が一億あれば100万円を限度として設定できます。
また、実務では貸し倒れが発生しても貸倒引当金を取り崩すような処理はせず(その年の貸倒損失勘定で処理)、次の決算時に特別利益として全額戻しいれるのが普通です。日商簿記の模範解答(洗替法や差額補充法)と実務は処理の仕方が違います。

sawa_sawa774さん

引当金の設定用件ってものがあります。

過度の保守主義は、虚偽記載です。



引当金の設定は、一律に決められるものではないので各企業でできるモノです。
でも
根拠のない引当金の設定は、税務署に認めてもらえないハズです。

  • 違反報告
  • 編集日時:2010/5/8 12:46:15
  • 回答日時:2010/5/8 12:42:45

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する