ここから本文です

発達障害とてんかんについて

質問者

mou_mou_careさん

2010/5/2813:32:43

発達障害とてんかんについて

発達障害に関する本を読んだ際に、その症状で特定のものに対するこだわりなど該当するところもあり、いわゆる二次障害についてもあてはまるところが多々ありましたので、大学病院で問診を受け、さらに脳波検査・血液検査・心理検査・MRI検査を受け、今日それらの診断結果を聞いてきました。

血液検査:血糖値が高め
心理検査:パズルが苦手
MRI検査:異常なし
脳波検査:右の5、6?に下向きのとがった波がみられる(眼の開閉時とくに)、他にも異常な波が随所で見られる

これらのことから、診断は「側頭葉てんかん」といわれました。発達障害ではないということでした。
てんかんでも「てんかん性性格変化」とよばれるものがあるとのことでした。
確かに小学校5年の頃に、けいれんして、脳波検査を受けて、薬を服用していましたが、
母親いわく当時は「熱性けいれん」だといわれ、さらに中2ぐらいのときに薬はやめてもいいといわれ、
薬をやめ、発作もそれいらい今に至るまで全然ないのでそのままでした。
今日は薬も処方してもらい「テグレトール」という薬で、1日1回寝る前に飲む薬だそうで、人によっては副作用もあるとのことでした。

ここで質問なのですが、
てんかんが原因で発達障害などで見られる症状やそれに伴う二次障害はあるのでしょうか?
また、今回の診断の「側頭葉てんかん」ですが、投薬を受けながらこれはこれからずっとお付き合いしていく病気になるのでしょうか?
そうなれば、精神障害者保健福祉手帳や自立支援医療のことも考えないといけないということなのでしょうか?

今日の診断を聞いた際、発達障害に関する結果と思いきや、
「てんかん」ということで自分でもびっくりしたので、医師の前で質問すべきことが思い浮かばず、
今になっていろいろ頭に浮かんできたのでここで、ここで質問いたします。
よろしくお願いいたします。

閲覧数:
3,050
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

furoitzさん

2010/5/2814:26:31

てんかんと発達障害は脳の発達状況と関連性があります。子供でけいれんを起こしやすいのは脳の未熟性があるからです。成人しても症状がある場合は薬物療法が必要ですが、発達障害に使用される気分安定化剤(デパケン、リボトリールなど)はもともと抗てんかん薬でもあります。薬剤は増減はあっても基本的に継続する必要があり、精神障害者保健福祉手帳の申請もご検討ください。

質問した人からのコメント

2010/5/28 20:19:57

降参 ご回答ありがとうございます。手帳の件は考えないといけないということになりそうですね。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する