ここから本文です

バスフィッシングの質問です。いつもお世話になっています。ロッドの表記でMGC...

質問者

tviewclubさん

2010/7/120:33:04

バスフィッシングの質問です。いつもお世話になっています。ロッドの表記でMGCというのはミディアムのグラスコンポジットということでしょうか? またグラスコンポジットとカーボンコンポジットの違いは何ですか?グラスコンポジットはグラスの比率がカーボンより高くてカーボンコンポジットはカーボンの比率が高いみたいな感じですか?気になったので教えて下さい。

閲覧数:
452
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2010/7/202:10:39

恐らくダイコーのロッドだと思うのですが、パワーや材質はそういう解釈で合ってると思います。

>またグラスコンポジットとカーボンコンポジットの違いは何ですか?グラスコンポジットはグラスの比率がカーボンより高くてカーボンコンポジットはカーボンの比率が高いみたいな感じですか?

これは一概には言えないみたいですが、私の主観で良ければ言わせてもらうと、今のバスフィッシングの世界でグラスコンポジットやカーボンコンポジットと言えばどちらも基本グラスロッドでカーボンが混じってるロッドのことです。違いはありません。恐らくダイコーのMGCはこれに入るのかなと思います(基本はグラスロッド)。

そして逆にカーボン90%、グラス10%みたいなロッドでは、わざわざグラスが少し入ってるとかコンポジットとかあまり言わないです。単なるカーボンロッドとして扱われます。

例えばこのページを見て下さい↓ジャッカルのVCM-CAST68です。

http://www2.jackall.co.jp/bass/article.php?i=31

これは基本グラスロッドでカーボンが補強に使われてますが、「グラスコンポジット」という表現が使われてますが一方で「ウォブンクロスカーボンをコンポジット」という表現も使われていますね。

例外だと感じるのは↓で、TS-160Lですが
http://fishing.shimano.co.jp/cat/detail.asp?k=11001

カーボンが88.8%もあるのに「グラス+カーボンコンポジット」と表現されています。

ということは、カーボンやグラスの含有率ではなく意図的に異素材を混入させてある性格が強いロッドは~コンポジットという表現が使われるのかも知れません。

質問した人からのコメント

2010/7/2 05:29:18

お二方とも、ありがとうございました。blackbird_444さんズバリ、ダイコーのロッド表記を見かけたときに気になって質問しました。すごいです… また見かけましたらお願いします。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hikusemaさん

2010/7/122:41:21

ミディアムでピュアグラスのキャスティングモデル(ベイトロッド)かも知れません。

メーカーで変わる表示ですので一概には言えないと思います。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する