ここから本文です

古事記と日本書紀の違いを詳しく教えて下さい。

yuji_09_hashiriyaさん

2010/7/2323:52:21

古事記と日本書紀の違いを詳しく教えて下さい。

閲覧数:
2,686
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2010/7/2609:41:42

「古事記」

「いにしえのことをしるしたふみ」と言う意味です。編者は太安万侶でこの人は文武・元明・元正の3人の天皇に仕えた博学な方で後に「日本書紀」の編纂にも携わりました。「古事記」は元明天皇の勅令により編纂され、序文によると天武天皇が当時伝わっていたて帝紀や旧辞の偽りや誤りを正そうと考え稗田阿礼という記憶力がとても優れた舎人にこれらをよみ習わせていましたが天皇が途中崩御し、完成しませんでした。後に元明天皇が太安万侶に稗田阿礼がよむ勅語の旧辞を書物にして献上するように命じ完成されたものです。上・中・下巻からなり、上巻は神代の物語、中巻は神武天皇から応神天皇までの記事、下巻は仁徳天皇から推古天皇までの記事が記載されています。表現はすべて漢字ですが、序文は純粋な漢文体、本文は漢字の音訓をまじえた変則の漢文体、歌謡は万葉仮名による一字一音式で記され、語り継がれた国語を忠実に文章化しようとした努力が見られます。また、現存する最古の書物で天皇の日本国支配の正当性を強調し天皇制の下で国家統一を目指して編まれておりその内容も歴史をそのまま記したというよりは叙事的なドラマ性に富んだ文学の性格が強いのが特徴です。

「日本書紀」

「日本記」ともいわれます。「日本」という国名をつけたのは中国などに対して対外的意識があったのだと思われます。天武天皇の第三皇子舎人親王を総裁に当時の学者たちが共同編纂しました。神代から持統天皇までの記事を編年体で記した歴史書です。全30巻からなり、別に系図1巻が有ったそうですが現存しません。帝紀と旧辞の他、各氏族の記録、各地に伝わる物語、詔勅、官吏など、私的記録、寺院の縁起、朝鮮や中国の史書などが資料として用いられました。「古事記」では1つの説を定めているのに対し「日本書紀」では「一書ニ曰ク」として多くの異伝を掲げ、それが元の話より長い場合や、他の異伝が十数条併記されている場合もあります。「日本書紀」が当時のさまざまな文書を資料として編纂されたのは「史書」として強く意識されたからだと思います。表記は万葉仮名による一字一音式で純粋な漢文体で記されています。「日本書紀」は史的意義の強い最初の勅撰の歴史書です。律令国家としての意識が高まる中、対外的な威信をかけ編纂されたものです。

「日本書紀」についで奈良時代から平安時代にかけて勅命により「続日本書紀」「日本後記」「続日本後記」「日本文徳天皇実録」「日本三代実録」が作られました。これらと「日本書紀」を合わせて『六国史』といい、神代から光孝天皇までの一貫した古代史になります。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する