ここから本文です

板金加工(曲げ、溶接)での寸法許容差・寸法公差について教えてください。 板金...

質問者

hello_inazさん

2010/9/1018:19:20

板金加工(曲げ、溶接)での寸法許容差・寸法公差について教えてください。
板金曲げ加工後溶接組み立てし完成品として出荷するのですが、完成品の状態での寸法公差はJIS規格でどれを引用すれば
いいのでしょうか?

閲覧数:
12,709
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tummychair90さん

2010/9/1018:55:22

発注者と前もって協定しておかなければなりません。協定さえしていれば、どんな寸法誤差でも構いません。
協定する際、参考になるのは
JISB0405 普通公差-第1部:個々に公差の指示がない長さ寸法及び角度寸法に対する公差
です。この中に4等級の精度(精級、中級、粗級、極粗級)があるので、製品の所要精度に基づいて決めればよいでしょう。
板金ですから、実際上は極粗級にせざるを得ないとは思いますが。
この規格は、下記サイトから見ることができます。
http://www.jisc.go.jp/app/JPS/JPSO0020.html

質問した人からのコメント

2010/9/13 16:56:21

大変参考になりました、ありがとうございました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する