ここから本文です

ジャン・ジロー(メビウス)の作品を読める場所をご存じないですか。

eigasenyouidさん

2010/9/1801:46:28

ジャン・ジロー(メビウス)の作品を読める場所をご存じないですか。

友人の誕生日に『AKIRA』をプレゼントしました。それがきっかけでとやかく話しているうちに彼からジャン・ジローを紹介されました。その時は一枚のジャン・ジローの絵の画像をメールで送ってもらっただけだったのですが、もうそれだけで心臓を射ぬかれたようでした。受験期だったこともあってそれから随分時間が経ってしまったのですが、最近ふとその時のことが思い出されてにわかに実際によんでみたくてたまらなくなりました。今手に触れられるところを探しているのですが見つかりません。本屋さんにいけば売っているのかもしれませんが、一度まず読み漁ってみたいです。多少お金はかかってもいいので一通り読めるような場所はないでしょうか。ご存知の方いらっしゃったらぜひ教えてください。ちなみにそうした場所はご存じなくともジャン・ジロー(メビウス)が好きなかたいらっしゃいましたらジャン・ジローとの出会い、どのように作品に触れていったのかなど教えていただきたいです。ただ失礼ながらジャン・ジローの魅力についてはあまり語りすぎないでください。白紙の心で読んでいきたいんです。宜しくお願いします。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
927
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2010/9/1916:02:40

すみません。メビウスのファンというわけではなく、凄く詳しいわけではないのです。
やはり大友克洋さんや宮崎駿さんが多大な影響を受けた作家ということで、少し探したのですが、あまり翻訳されておらず、取りあえず入門に、アルザック・ラプソディというアニメDVD(日本語字幕入り)と、アルザックというハードカバーのコミックをアマゾンで購入しました。おまけの話はドイツ語ですが、本編は殆ど言葉がありませんので、ストレスはないです。
やはり、日本の漫画にはない、アートな部分がとても魅力です。ストーリー的にはやはり古い作品なので、ゆるやかです。大友さんや宮崎さんのように高度なストーリーにならされているので、少しもの足りなく思う部分も有るかもしれません。
最も最近のものでB砂漠の40日間というのがあり、欲しかったのですが、完全にマニア価格で(怒)、まあ売れないのでしょうがないでしょうが、手が届きませんでした。老齢に至り、どういう境地にいたられたのか、見てみたいのですが。下書きなしで書き上げて行くそうですね。

アルザック、アルザック・ラプソティに関しては久里洋二さんの「寄生虫の一夜」という作品になんか似てるなあ、と思って、もしかしたら影響があったら面白いのになあと思っているのですが。。。寄生虫は1972年、アルザックは1975年。
わたしは正直、寄生虫のほうが好きです。。。。機会が有ったら見てみてください。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。