ここから本文です

乳酸菌について知っている方?

risoplanさん

2010/9/2415:50:07

乳酸菌について知っている方?

私の知人の医者は乳酸菌は体に悪いから食べたり飲んだりしないようにといつも言っています。
乳酸菌が必要なのは赤ちゃんだけと言っています。大人になったら必要ないとも言ってます、医学的に本当なんでしょうか?

閲覧数:
13,451
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2010/9/2417:05:28

生物学の重要な法則に
種の違う動物の母乳で子供を育ててはならないという法則があります。
簡単にいえば、
牛の母乳でゴリラの子供を育ててはならない。
羊の母乳で馬の子供を育ててはならない。
ということです。これは猿の子供がライオンの母親をみて自分の母親だと勘違いしたら大変なことになるからです。また動物の母乳は離乳期までの補助食品ですから、成長した動物が飲んでは非常に危険なものなのです。まして牛の母乳のスーパーハイパワーは霊長類には適していません。癌細胞や動脈硬化、心臓病、糖尿病などの原因となります。もし霊長類と牛が何らかの関係があると考えるのなら、それではキリンのお乳ではなぜだめなのかという説明ができません。もし霊長類にとって牛がなんらかの恩恵をもたらすのであれば、牛よりゴリラのお乳のほうが絶対にいいはずなのです。
アトピーや癌潰瘍性大腸炎など生活習慣病の原因が牛乳であることを述べている200万部のベストセラー『病気にならない生き方』
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/bookstand-enzyme.html

『乳がんと牛乳-がん細胞はなぜ消えたのか』
ジェイン・プラント[著]佐藤 章夫[訳]
●世界15か国で翻訳された、400万部のベストセラー。
●乳がん発症 → 乳房切除 → 5年後に転移 → 2週間後に再々転移 → 放射線療法 → リンパ節に3度目の転移 → 放射線による卵巣摘除 → リンパ節に再度、鶏卵半分ほどの大きさのがん発症 → 牛乳・乳製品・乳牛肉の摂取をやめる → リンパ節のがんが小さくなり消滅 → 15年間一度も再発なし。
……以上が、42歳で乳がんになったプラント教授の乳がんの歩みである。たたいても、たたいても、消えないがんにおびえながら、プラント教授は、自分がなぜ乳がんになったのかを調べ始める。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
●切れる若者は牛乳を飲む●
今から既に24年前に牛乳・乳製品・白砂糖に注目した犯罪学者がいた。1977年アメリカのアレキサンダー・シャウスは、経過観察中の犯罪者を対象に実験を行なった。犯罪者を2つのグループに分け、片方のグループには牛乳・乳製品・白砂糖を摂取しないように指示し、もう一方のグループにはごく普通に摂取してもらった。この状態で2年間観察を続けたところ、牛乳・乳製品・白砂糖を摂取しなかったグループの再犯率は11・7%であったのに対し、普通に摂取したグループは33・8パーセントという結果が出た。日本でも「切れる若者」「学級崩壊」「少年犯罪の増加」など、不安を覚える若者の行動が増加しているのは、1960年代に始まった牛乳礼賛運動に原因があるといえるのではないだろうか。
-----------------------------------
●牛乳と様々な病気●
牛乳は牛の子どもが育つためのものであり、人間の子どもが育つためのものではない。ましてや、離乳した子どもや大人が取るべきものでもない。人間の赤ちゃんを育てるのに必要な栄養素は、母乳に含まれている。また、牛乳に含まれるタンパク質など、人間と種が近い動物性の異種タンパクを、たくさん摂取するような西洋型の食事をしていると、ガンやクローン病などの難病を発症する可能性が多い。種が遠い野菜や魚中心の日本食を食べている人に比べ、難病にかかる割合が30倍以上も高いと、東京大学名誉教授の星猛氏は警告する。アメリカの栄養学者T・コリン・キャンベルによれば、動物の乳をあまり飲まないアジア地域では、乳がんの発生率が低く、アメリカはその5~6倍になるという。またフィリピンの貧しい子ども達にアメリカの援助プログラムとして、粉ミルクが与えられていた。しかし、その粉ミルクを飲んでいた栄養価の高い子ども達に、肝臓ガンの発症率が高かったという調査結果もある。乳製品に含まれる脂肪分が、動脈硬化や心臓疾患の原因の一つであることも報告されている。最近では、糖尿病や白内障の誘引の恐れもあることが報告されている。牛乳による様々なアレルギー症状(アトピー性皮膚炎、嘔吐(おうと)、下痢、慢性鼻炎、喘息(ぜんそく)など)は、体が拒絶していることを示している。これはアジア民族は欧米人と違い、乳の中の乳糖を分解する酵素(ラクターゼ)が少ないからである。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gurikinakoさん

2010/9/2416:51:31

乳酸菌が体に悪影響を及ぼすと言う 科学的根拠を示した 報告は無いと思います

乳酸菌がなぜ悪いのか 知人である医師の見解を聞かなければ 答えようがないのですが

一般的に乳酸菌は免疫機能に深く関係している事がしられています これは、Tリンパ球(Th1.2)のバランスをはかる事が出来る
と 東大の研究チームが 明らかにしています

乳酸菌にも 種類が沢山ありますので 何が良いか悪いのか 実際食してみないと分からない場合があります

一般的な見解として 言える事は 体を壊すほど 乳酸菌の影響を出す事は 不可能だと思われます(過剰摂取を除く)
人体は免疫機能が働く為 良い菌 悪い菌 どちらも 先ず胃酸で殺されます
ですから ヨーグルトなどのビフィジズ菌やシロタ株なども殆ど全てに近いくらい 殺菌され腸には届きません
辛うじて 生き残った 諸々の菌も 常在菌により排除されます
免疫機能が衰えると細菌に感染しやすいのは この様な働きが低下する為でもあります

知人の医師が ヨーグルトの効果が殆ど無いと言って居られるのであれば 間違いではないと思いますが乳酸菌と
いって居られるのは 些か疑問を抱きます

その医師が研究して 出された 新説なら 是非論文をあげ 医学界に貢献して頂きたいと思います

pontaro_mさん

2010/9/2416:03:37

乳酸菌は腸の環境を整えるのにイイです。
ただ、下痢の場合ですと、乳製品はあまりよくないのです。
なので、ヨーグルトなんかは、控えた方がいいです。
便秘の場合にはイイです。
これは、腸の病気である私が、いろいろな医師から聞いてきた事です。
ただ、医師にもいろんな考え方があります。
なので、その方のお話が間違いという事でもないかと思います。
人間の身体は不思議なものです。
全てが解明されているわけではありません。
いろいろな考え方の方がいて当然かと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。