ここから本文です

解決済みのQ&A

消防用ホースの修理について

powdersnow_2008さん

消防用ホースの修理について

消防団の消防用ホースの漏水等を修理したいのですが、そもそも検定品なので、修理を依頼しなければならないものなのですか。それとも修理のあとで点検を行い異常がなければ良いものなのですか。

この質問は、活躍中のチエリアンに回答をリクエストしました。

  • 質問日時:
    2010/11/19 15:52:22
  • 解決日時:
    2010/11/21 15:56:29
  • 閲覧数:
    1,959
    回答数:
    4
  • お礼:
    知恵コイン
    25枚

ベストアンサーに選ばれた回答

watasimoshobodanさん

自分達で修理可能なら別に構わないと思います。検定品というのは、あくまでも新品未使用で耐圧検査に合格した商品をいうのではないでしょうか。穴が開いた箇所だけ同じ素材で修理すればいいはずです。接着した箇所は圧をかけて完全に接着が必要だと思います。車の下に敷くといいのでは。因みに消防学校のホースは修理だらけでした。教官自ら修理しているとの事です。

  • 違反報告
  • ケータイからの投稿
  • 回答日時:2010/11/19 23:57:47

質問した人からのお礼

  • 抱きしめる他のご回答も含め参考にさせて頂きます。ありがとうございました。
  • コメント日時:2010/11/21 15:56:29

グレード

ベストアンサー以外の回答

(3件中1〜3件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

tatsuya218さん

現役の消防団員です。
基本的には、消防のホースは消耗品です。
消防団本部(市役所・役場)もしくは消防本部の消防団係に言って、交換してもらう事をおすすめします。
ホースのメス金具からの漏水だと、パッキンの交換で済んでしまいますけど、ホースに穴が空いて、漏水だと、交換ですね。
穴あきの漏水だと、圧をかけたときに、そこから破裂することがありますから、修理はおすすめできません。

merazon159さん

消防団のホースは任意設置の設備になるので、できると思います。任意なので修理も無免許でできるはずです。長さが変化しても問題ありません。

ただし、事故防止のために事前の点検はしてください。

※因みに、義務設置の設備であれば半年に1回点検をして報告書を作成しなければなりませんし、免許を持っていなければ点検も修復もしてはいけません。また、検定品は形状や長さを変えてはいけません。

red_ventriloquistさん

修理してもいいですが、通水して圧力がかかれば結局、漏水や水の滲みなどが生じてしまいます。そういうのは訓練用に使用して現場では使わないようにしています。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する