ここから本文です

解決済みのQ&A

歯科医院からの質問です。 歯科医師、衛生士、助手が、B型肝炎の予防接種を受ける...

degideskさん

歯科医院からの質問です。
歯科医師、衛生士、助手が、B型肝炎の予防接種を受ける場合、福利厚生として一般的に医院は、いくらぐらい負担すれば良いのでしょうか?歯科医院以外の事例でも結構です。

この質問は、活躍中のチエリアンに回答をリクエストしました。

  • 質問日時:
    2010/11/29 19:38:56
  • 解決日時:
    2010/12/14 05:25:01
  • 閲覧数:
    653
    回答数:
    3
  • お礼:
    知恵コイン
    50枚

ベストアンサーに選ばれた回答

osiete_kozohさん

B型肝炎の予防接種に伴う費用は、全額を医院負担として経費処理すべきだと思います。

その他、インフルエンザの予防接種なども同様に考えていいと思います。

歯科医院での勤務において明らかに感染しないものであれば、経費として医院負担にはできませんが、他方、一部負担とすると(残りを自己負担とすると)接種しない人がでできてしまうのではないでしょうか?

体質などの問題から、接種できない人もいるかもしれませんが、福利厚生費として処理するのであれば、医院の少なくとも半分以上の人が予防接種を受ける状況にしておかないと、税務調査において経費性を否認されてしまう可能性が生じます。

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(2件中1〜2件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

bah65375さん

うちは医院側で全額負担です。当然のことです。歯科医院経営は大変だと思いますが、そこをけずってどうするのですか?従業員を大切にしてください。しつれいしました。

t22102137さん

歯科医師、衛生士、助手が、B型肝炎の予防接種を受ける場合、技工士も入ると思いますが、この予防接種は歯科医院及び歯科技工所では半ば義務ではないでしょうか。予防の意味から、福利厚生費で全額負担で良いと思いますが。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する