ここから本文です

アメリカ人の夫と日本で生活するために日本人配偶者ビザ(結婚ビザ)を申請したい...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

kansas0324さん

2010/12/215:34:53

アメリカ人の夫と日本で生活するために日本人配偶者ビザ(結婚ビザ)を申請したいと思いますが私は無職です。通帳のコピーを用意するように言われましたがどのくらいの金額必要なのでしょうか?

現在夫と子供と私とでアメリカに住んでいますが日本に帰って暮らそうと思っています。
日本人配偶者ビザを申請するために移民局へ問い合わせたところ、

「既に家族ともに海外で生活しているならば一緒に帰国して、ご主人は旅行としての短期ビザで入国しその後すぐ在留資格変更の手続きをとって下さい。その場合通常提出する課税証明書などが用意できませんので当分の間生活できるだけの預金のある預金通帳のコピーを用意してください」と言われました。

同じような方法でビザ取得された方やご存知の方がおりましたらぜひ以下の点についてどうか教えて下さい。

1 インターネットなどで調べると短期ビザからの変更はできないとなっていますが問題ありませんでしょうか?
(問い合わせた移民局の方が、その状況なら問題無いとは思いますが審査するのは私ではないので確実には申し上げられませんと言っていたので不安です)

2 当分生活できるだけの預金とはいくらくらいでしょうか?
(家族全員のチケット代だけでかなり預金を使ってしまうので残り30万ほどしかありません)

どちらも移民局の方は確実なことは言えないそうなので同じ状況でビザが申請許可された方がいればとても安心できます
代理での申請は結婚を証明するための質疑応答があるため実家の母では難しいのではと言われました。

分かりずらい内容で申し訳ありませんがどなたかお知恵をお貸しください。
よろしくお願いします。

補足私の分かりづらい質問に答えて下さりありがとうございます。
電話をしたのは入国管理局インフォメーションセンターの横浜です。.(横浜に実家があるので)
結婚5年目で子供が2人おります。3歳と1歳です。
一人で子供二人連れて日本に戻ると仕事が探しづらいので主人も一緒に戻れたらと考えています。(実家の母にも仕事があるので)
アメリカでリストラにあい失業保険で生活しているので貯金するのが大変難しい状況です。

閲覧数:
2,557
回答数:
4
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2010/12/215:51:36

日本人の奥様が日本で就職し、在職証明と給与明細を提出してください。ご親族の援助かあれば、親族を保証人に追加して、親族の納税証明も出せるとなお良いです。親と同居で持ち家なら登記簿も。30万では提出する効果がないかとおもいます。頑張ってください。末永くお幸せに。以下参考情報です、参考にしてください。



入国管理局に在留資格変更の書類をくださいというとすべての書類がもらえるので楽です。
しかし、その時に正規の手続きかそうでないか聞かれます。
ちなみに正規の手続きだと一度彼女を帰国させてまたやり直し(馬鹿かと思います)、正規でないのは、一般的に私たちが行う手続きです。
というのは、在留資格の変更は原則的には短期滞在ビザからの変更が認められないというのが彼らの口癖だからです。
http://www.the-ukraine.com/formalities/follow.htm

ここでは短期ビザから配偶者ビザ(正式には『日本人・永住者の配偶者等』)への在留資格変更の方法を紹介します。
短期ビザでの来日した場合には配偶者ビザへの資格変更を来日から3ヶ月以内に行わなくてはなりません。
注意:短期ビザから配偶者ビザへの切り替えは、一般的には出来ないことになっています。 人的配慮から切り替えを認めるということになっているらしいです。
http://homepage1.nifty.com/y_nakamura/zairyu.htm

在留資格変更許可申請(日本人の配偶者)法務省 必要書類
http://www.moj.go.jp/ONLINE/IMMIGRATION/ZAIRYU_HENKO/zairyu_henko1....

配偶者ビザへの変更手続き

★必要書類一覧★(短期滞在ビザ→日本人配偶者ビザへの切り替え)
・在留資格変更許可申請書 1式(2枚組)
入国管理局に置いてあります。
また、インターネットでもこちらよりダウンロード出来ます。
http://www.moj.go.jp/content/000001991.pdf

・日本人配偶者の戸籍謄本(婚姻事実の記載のもの) 1通
結婚が法的に成立したことの証明になります。
発行から3ヶ月以内のものが必要です。
婚姻事実の記載がない場合は、婚姻届受理証明書が必要になります。

・日本人配偶者の住民票の写し 1通
必ず世帯全員分の住民票の写しを用意してください。
発行から3ヶ月以内のものが必要です。

・日本人配偶者の職業を証明する書類 1通 ・
勤務先で在職証明書を発行してもらってください。
特に様式は決まっていないので、手書きのものでもかまいません。

・日本人配偶者の所得を証明する書類(前年度の源泉徴収) 1通
・スナップ写真2~3枚
二人で写っている写真。家族と一緒に写っていると尚可です。

・イタリア大使館(領事館)発行の結婚証明書
領事館で聞いたときは、必要ないといわれましたが、入管では必要だと言われました。

・身元保証書
入国管理局でもらえます。保証人の署名と押印が必要です。
http://www.moj.go.jp/content/000007418.pdf
http://www.moj.go.jp/content/000007419.pdf

・質問書
入国管理局でもらえます。
パートナーと出会った経緯、2人の会話の言語、強制退去歴があるか等の質問を記入します。
また、親族一覧表と住居の概要には、夫婦それぞれの現在生存している親族(2親等まで)の現住所、電話番号等、住所、電話番号、最寄の駅、自宅までの略図を記入。
http://www.moj.go.jp/content/000007420.pdf

・パスポート(申請者)

・外国人登録原票記載事項証明書
観光ビザの場合でも外国人登録できます。

審査の可否は、入国管理局より葉書で連絡がきます。
審査が通れば、4000円の収入印紙をもって入国管理局にいきます。
最初は1年のビザがもらえます。

http://nebichan.blog55.fc2.com/blog-entry-148.html

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

id_imi_nashiさん

2010/12/913:23:38

◆1.預金額が少ないのであれば、通帳のコピーだけでは不十分です(見せ金はやめましょう)。
「預金通帳のコピーを提出する」というのは、「この外国人に対して日本に住む許可を与えても、生活保護とか犯罪とか日本に迷惑をかけないな」と入管の審査官が納得できるような資料を出す意味だと考えてください。

預金通帳のコピーに加えて、例えばご実家の母上様の課税証明書などはどうでしょう?
(ご良人の仕事が決まるまで、支援を得られるので、私の収入と合わせて生活費の心配はないという説得材料になると思います)
※↑当たり前ですが、私は入管職員ではないので参考程度にとどめてください。入管に要確認です※
★インフォメーションセンターの人は審査官ではないので、判断/意見の食い違いは生じます。


◆2.生活環境に依存します。物価が安い場所なのか?仕事につくまでしばらく実家に子供を預ける?同居する?など、生活費を安くするから預金はそんなに必要ないんだ・・・というように、とにかく審査官にどう思われるかを考えるとよいと思います。

◆結婚の証明は公的証明書でするはずです(二人とも外国にいるなら面接で確認のしようがないですよね)。アメリカ人なら信頼度は高いと思います(※人種差別の意味ではなく、不法就労の関係で出身地別によっては厳しく審査されると聞いています)。お子さんもいらっしゃるのであれば、いわゆる「真正なる結婚」と認められると思いますよ。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mererieさん

編集あり2010/12/407:22:16

1、当方インド人夫ですけど全く問題ありませんでしたよ。婚姻年数もあり子供もいたので最初から3年の在留期限のものをもらいました。万一不許可になっても、在留資格認定証明書交付申請に切替え、アメリカ帰国後すぐ在米日本大使館・総領事館へビザ申請すれば、特に問題なく「日本人の配偶者等」の特定ビザ発行される場合もあります。

2、夫の場合は預金残高はほぼゼロの状態でしたので、妻である私のパート職(もちろん就職したて)の在職証明書、初月の給与明細書、年金受給者の父(同居)の所得証明書で何も問題ありませんでした。質問書にはひととおり記入して提出しましたが、持参したスナップ写真などは必要ないと言われました。たぶん婚姻年数が経っており、子供も居た所為だと思います。

追加で夫の出生証明書を求められましたが、取り寄せが面倒だったので、「夫の地元では夫の出生当時は出生届を要求されなかった」と手紙を添え、代わりに成績証明書をさも公的証明書のように和訳して出しておきました。要は当人であるという証明がなされればいいのです。

尚、申請も追加書類の提出も子供と三人で行きましたが、すべて私一人で応対し、本人への質疑応答などは一切ありませんでした。

【追記】
当たったら砕けたりしませんから大丈夫ですよ~。心配要りませんってば。うちも大使館からそう指示を受けてやって何も問題ありませんでした(もちろん、書いていない不法滞在歴とか犯罪歴があったら別ですけど)。

「日本人の配偶者等への在留資格変更許可申請」は90日以内に申請さえできればいいんです。短期滞在期限が切れても審査結果が出るまで2ヶ月は合法に日本滞在できますから、まずその間に結果はでますよ。

ただ、ビザ免除で入国するときには、絶対に「在留資格を変更して日本に住むつもり」とは言ってはいけません。それ言われちゃうと入国審査官は「日本人の配偶者の特定ビザを取得して出直して来い」としたくなくても入国拒否しなければいけなくなってしまうからです。建前なんですが規則は規則ですから、90日以内に出国する予定だと言うように。入国してしまえば、その後気が変わることはいくらでもありますからね。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

gogekogemomoさん

編集あり2010/12/223:34:57

「移民局」とは入国管理局のことでしょうか。
入管が短期滞在からの変更を勧めるというのは、少々驚きですけど
実際、変更できる場合が多いようですね。

「やむを得ない特別の事情」があれば変更できると、
法務省のサイトにもありますし、
http://www.moj.go.jp/ONLINE/IMMIGRATION/16-2.html
外国人配偶者のみが帰国するのは精神的、経済的に大変ということで
やむを得ない特別の事情に該当します。

ただし、もちろん不許可になることもあります。
不許可の場合、一旦帰国して在留資格認定証明の申請からやり直しです。

「結婚を証明するための質疑応答」が何を意味するのかよくわかりませんが
在留資格認定証明には面接はありません。
kansas0324さんが書類を作ってお母様が提出すればいいだけでしょう。
在留資格認定証明を得てビザを取るのが、
いちばんリスクが低いやり方だと思いますけど。

ところで30万円で夫婦と子供がどうやって生活するのでしょうか。
預金残高がいくらあればいいかは、はっきりわかりませんが
入管に「問題なし」と思わせなければなりません。
ご両親との同居などで家賃の心配がないとしても
日本に来たばかりの家族が数カ月の間必要な額として
私見ですが100万位は欲しいと・・・

特に短期滞在からの変更ですと、変更が許可されるまで働けません。
そのまでの数カ月間、外国から帰ってきたばかりの妻の収入だけで生活できることを
証明してください。
たとえば、ご両親の援助があることが有効だと思います。
そのためにはご両親の通帳のコピー、不動産の登記書などの提出ですね。
ansas0324さんに追加して、ご両親に身元保証人になってもらうことは必須です。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する