ここから本文です

喪中 四十九日まで 外食などしてはいけませんか? 喪中は何をしてはいけないか教...

質問者

oimizusimaaisshoninipponnikaeroさん

2010/12/1314:21:41

喪中 四十九日まで 外食などしてはいけませんか?
喪中は何をしてはいけないか教えて下さい。m(__)m

閲覧数:
4,205
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

putitbanditsさん

2010/12/1314:33:11

最近は服喪についても、昔ほどは厳格でなくなっているようです。

喪中の結婚式への出席は控えるのが原則的には基本ですが、忌明け後ならば喪中でも結婚式への出席は許されてされています。
※神道・神葬祭の忌明けは五十日祭です。
※仏教・仏式の忌明けは四十九日です。

神道の服喪期間であれ、仏式の喪中であれ、現代的合理主義社会の中では、少しずつ「しきたり」も変貌しつつあります。

しかし、相手方が「しきたり」に喧しかったり、縁起を担いだりする方の場合ですと問題があるかも知れません。そう云った場合は、やはり仏式の百ヶ日を過ぎるまでは避けるほうが無難でしょう。

◆喪中 期間(結婚式の出席など慶事への注意事項)
(原則的禁止事項)
・忌明けまでの期間は喪中として祝いの席への出席は遠慮する
・神社へのお参りは遠慮して控える
・祝い事は自粛する
・翌年の年賀状、新年の飾り、年末・年始のあいさつ回りは中止する
・忌明けまで酒・魚肉類を控える(地域による)
・忌明けまで茶断ちする(地域による)
※原則であり、現在では緩和され、厳密ではありません。ケースバイケースで、現状を優先されている方が少なくないようです。

■喪中の結婚式に出席は可能か
先述したように、忌明け後であれば、自分の心が結婚式に出席して、お祝い出来る気持ちになりえるのであれば、喪中であっても出席しても良いとされています。

現在この忌明けは五十日(仏式は四十九日)となっていますので、五十日祭以降であれば結婚式への出席は可能となりますが、先述の通り相手方しだいのところがありますから、そのようなケースでは、仏式の百ヶ日までは出席は控えたほうが良いでしょう。

◆喪中の期間
喪中の期間は現在では仏教の忌日の考え方が一般的に普及しています。
(喪中と忌中の違い)
・死後四十九日の忌明けまでを忌中とします
・死後一年間を喪中とします
※昔ほど服喪規定について社会が厳格ではないようです。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する