ここから本文です

ステンレスは、なぜ磁石に付くのと付かないのがあるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

アバター

質問者

ID非公開さん

2005/7/2017:21:45

ステンレスは、なぜ磁石に付くのと付かないのがあるの?

閲覧数:
7,042
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2005/7/2023:49:32

茶々入れ。単体では鉄,コバルト,ニッケルが強磁性元素。混ぜ方・加工の仕方で磁性が現れたり消えたりするのが合金の面白いところ。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アバター

ID非公開さん

編集あり2005/7/2417:12:15

ステンレスの磁性は、その合金組織に由来します。ニッケルの含有率が上がると、常温で塑性加工しても磁性を持ちにくいステンレスが得られます。ステンレスは鉄合金の一種ですので、単一金属に対して使われる純度という言葉とはあまり縁がありません。

日本では、磁石にくっつくステンレス=安くて質の悪いステンレス、というやや誤った考え方が定着しているので、何が何でも磁石にくっつかないステンレスが高級と思っている人が多いのです。
しかし、実際に磁性を嫌う箇所に使われる以外のステンレスに、原価の高いニッケルをふんだんに添加する必要はありません。とてもムダな行為です。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

ID非公開さん

2005/7/2018:04:42

ステンレスには、磁石につくものとつかないものがあります。鉄にクロムを10.5%以上混ぜたステンレス(400系ステンレス)は磁石につきますが、鉄にクロム18%とニッケル8%を混ぜたステンレス(300系ステンレス)は磁石につきません。ただし、厳しい曲げや絞りなどの冷間加工を加えると加工部分の金属組織がマルテンサイトという金属組織に変形し、その結果磁性を持つようになります。磁性を持つということは磁石につくということであり、磁力を帯びるということではありません

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

ID非公開さん

編集あり2005/7/2017:57:51

ステンレス鋼は基本的に鉄、ニッケル、クロムの合金です。ニッケルは磁性がありません。鉄、Crは磁性があります。ニッケルをある%以上含有すると磁性が失われます。(ある方法を付加すると磁性が出ます)詳細は省略します。

例、スプーン等に304、または18-8、高級になれば18-12等の表示があれば磁性はありません。18Crは磁性があります。
304はJISの種類の記号で18-8のステンレスです。18はCrの含有量、8はNiの含有量の%の記号です。
詳しく知りたいならば下記ステンレス協会へ
http://www.jssa.gr.jp/

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

ID非公開さん

2005/7/2017:23:48

ステンレスの純度の問題です。

それ以外にも強い衝撃を与えると鉄化して磁石が付くようになったりします。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する