ここから本文です

住友生命保険のライブワン保険ファンド(01)(特別保障更新型)に加入しています。こ...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

nnnnnontanさん

2011/2/2422:31:23

住友生命保険のライブワン保険ファンド(01)(特別保障更新型)に加入しています。これでいいんでしょうか?

26歳独身女です。

最近まで親に払ってもらっていたのですがこれではいけないと思い今年から自分で払っています。
それで疑問に思ったのが高すぎなんじゃないのかと・・・

死亡:600万
災害死亡:1600万
骨折:5万
入院一時金:5万
ケガや病気(所定の成人病以外):1万/日(5日から184日)、手術 10・20・40万
所定の成人病(がん以外):1万(5日から184日)、手術 10・20・40万
女性成人病(がん以外):1,3万(5日から184日)、手術 13・26・52万
がん:1,3万(5日から184日)、手術 13・26・52万

上記以外の手術 5万
先進医療 通算:500万

今現在、11,131円払っています。
主契約(保険ファンド(01)) 保険料500円/月 終身(保険期間) 60歳(払込期間)
災害割増特約500万 保険料125円/月 80歳(保険期間) 80歳(払込期間)
傷害特約500万 保険料190円/月 80歳(保険期間) 80歳(払込期間)
その他は払込期間20年で80歳で更新満了です。


更新後の保険料は毎月20,369円になるそうです。

なんかすごく高い気がします。

60歳までの払込みの終身保険とか?がいいのではないかと思ってきました。

保険には全く詳しくないいので詳しい方教えていただけたら嬉しいです。

よろしくお願いします。

この質問は、活躍中のチエリアンに回答をリクエストしました。

閲覧数:
1,949
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bonus9tenさん

2011/2/2423:46:29

おっしゃられる通り、26歳であれば、更新無しの、60歳払い込み終了で終身の医療保険、などに変更した方がよいのではないか・・と思います。アカウント型といわれる保険は、主契約が保障ではなく、貯蓄のような形になっており、他の医療、死亡保障などは更新、更新の上、80歳で更新満了、つまり、80歳で無保険という事になります。
26歳でまだ独身でおられるのであれば、医療保険を上記のようなものに変え(かなりお安くなります)死亡保障も、積み立て型にするなど、考えるとよいと思います。1つの保険会社ですべての保険を考えるのではなく、医療はこの会社、死亡保障はこの会社、年金はこの会社・・などと特徴にあった保険会社を選ぶことをお勧めします。なぜなら、電化製品・・どこのお宅も全て同じメーカーで統一されているお宅は少ないのではないでしょうか?会社によって強い点は違います。保険も一緒です。医療に強い会社、死亡保障に強い会社は異なります。
まだまだお若いうちにしっかりした更新のない保険に加入されることをお勧めします。

なお、医療保険だと、これまでの常識を覆した(入院日額ではなく、病名で給付金が決まる)AIGスター生命の「診断革命」という保険もよいと思います。入院しなくても、病名で給付額が決まっているところがこれからの時代のニーズに合っていますね。
今は癌でも通院治療で入院しない事も多いので・・

どこか、たくさんの保険を扱っている代理店などでご相談される事をおすすめします。

質問した人からのコメント

2011/2/25 21:59:57

降参 二人の方々ありがとうございます。保険名まで教えてくださったbonus9tenさん
をベストアンサーにしました。さっそく近くの保険相談窓口に相談したいと思います。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答
1〜1件/1件中

shogo80001さん

2011/2/2422:49:26

ライブワンのようなアカウント型と呼ばれる保険が悪いとは言いきれません。
適合すれば問題ないのですが、一般的にアカウント型では積立部分をかなり大きくしないと本領発揮できない構造になっています。
保険料を抑えるには積立を減らすしかないのですが、これでは割高な更新型保障の束になってしまいます。

更新型であっても、その時代に合わせた保障に乗り換える事が出来るという利点はあります。
しかし更新のたびに保険料が上がり、最終的には払いきれなくなるくらいに上がってしまう事が多いようです。

お考えのように終身保障の保険にする事で、将来の保険料変動を避ける事が出来ます。
ただ同時に医療の発展についていけなくなる(現在想定していない治療法が登場した場合、保険の対象外になる恐れがある)のも事実です。
まずは、ご自身がどのような保障をお求めなのかをハッキリさせる必要性があります。
お近くに保険相談窓口のような代理店はありますか?
あればそこで話をしてみると、何かヒントが見つかるかもしれません。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する