ここから本文です

解決済みのQ&A

DIYでダボ穴、ネジ頭隠しの溝加工について

polebare101さん

DIYでダボ穴、ネジ頭隠しの溝加工について

既存品では寸法が合わずDIYでカラーボックスを作成しようと考えています。

次の3つの加工をDIYできれいに仕上げるにはどうしたらよいでしょうか。

1.棚板のダボ受け穴加工(各棚板の下側に4つ)

2.側板のダボ穴加工(寸止め)
ニトリ製品にあるように貫通させてもよいのですができれば途中で止めたい。
これは手の感覚で止めるしかないのでしょうか。

3.側板のネジ頭を隠す溝穴
ドリルで穴あけ後にネジ頭を隠すために加工してある数mm深さ穴。
その上に丸いシールやプラスチックカバーをはめ込む溝穴です(専門用語不明)。


↓のような92パーツが入った電動ドリルは注文中です。
http://page17.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/v181024638

これで対応できればハッピーですが推奨される工具があればアドバイスお願いします。

板を購入するホームセンターでは直線カットのサービスしかありません。

宜しくお願い致します。

補足
2枚重ねで穴あけは目からうろこでした。

ダボ穴は約4mmでした。

皿取錐なるものがあることがわかりました。
  • 質問日時:
    2011/4/2 08:29:45
  • 解決日時:
    2011/4/3 07:06:38
  • 閲覧数:
    3,638
    回答数:
    2
  • お礼:
    知恵コイン
    25枚

ベストアンサーに選ばれた回答

buutopiiさん

下の回答者さんの言うトリマーがあれば簡単ですが
ドリルドライバーだけでも出来ますよ、9ミリと10ミリの木工ドリル錐だけで出来ます
①棚板のダボ受け穴加工
クランプ(100円~300円)で2枚重ねて固定して木口から
10ミリの木工ドリルの錐で深さを決めて開けるだけです
深さを確認しながら少しずつ開けて下さい
②側板のダボ穴の加工
9ミリの木工きりで確認しながら少しずつ開けて行くのが無難です
ダボは数種類ありますので9ミリ穴用を選んで下さい
③側板のネジ頭を隠す溝穴
②の工程と同じですビス(ネジ)で止めてからキャツプ(通常は9ミリ穴に対応)するだけです

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

wagatiwagatiさん

1.やり方は色々あると思いますが私はトリマーという機械を使います。
この機械についてネットで検索してください
もし、無い場合は結構難しいですが、棚板の下面になる方を合わせて
2枚を重ね合わせます。
これを万力等で締めて重ね目を中心にしてドリルで穴を開けます。
これで重ねた板をはずすとダボ受けの溝が出来ているはずです。

2.所定の深さの穴をあけたい場合、ドリルのキリ先にテープ等で印を付けることで
深さを調節します

3.ビスを打つ位置に「シタアナ」をあけます(1mm程度のキリ先ドリル使用)
その後、ビスの頭より1~2mm程度大きなキリ先を使い「シタアナ」を
中心に1~2mm程度の掘下げます。
終わりましたらビスを打ちます。

こんな感じでしょうか・・・・
3に関してはビスキャップ(ビス頭キャップ?)って物もあります。
ホームセンターで確認してみてください。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する