ここから本文です

フィンランドカルタ・アヤトゥスカルタ に、ついて…ご存知の事・連想される事・こ...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

wataridori_bird_of_passageさん

2011/4/2409:29:26

フィンランドカルタ・アヤトゥスカルタ に、ついて…ご存知の事・連想される事・これはと思われる事・なにかしらの手がかり なんでもかまいませんので、教えていただけませんでしょうか?お願いします。m(_ _)m

閲覧数:
773
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kitayajinさん

2011/4/2518:51:07

Ajatuskartta、英語でMind mapは、自分の思考の流れを派生的に視覚化してゆく方法です。
フィンランドでは、小学校、中学校、高等学校の国語の作文の学習やエッセイの練習に使われます。
別に特別のものではなく、あるテーマから連想される事柄、事象を、ヒエラルキー状、あるいは展開的に書いてゆくだけです。
日本でも作文の練習で、誰が、何処で、何時、何を、どのように、どうしたという風に書けという練習がありますが、あれと同じです。
小学校の時には、そういう決まりきった、疑問詞をベースに作文する訓練でOKですが、中学生になったら、もう少し自由な派生展開をさせます。以下に添付する画像は、フィンランドの教育用HPにあったものを訳したものです。

最近、若者たちに刺青がはやっていて、男の子も女の子も気楽に刺青を入れるようになってきました。学校で先生が、刺青を入れることに関して、エッセイを書きなさいという課題を出したとします。 学生たちは、自分の思考の展開、飛躍、派生を紙の上に描いてゆきます。それが一段落したところで、その図を見ながら、エッセイを書き始めるわけです。

これは日本のKJ法などの逆を行くものです。でも大きなテーマから小さなテーマへと降りてゆくこともできますし、逆に小さなテーマから大きなテーマへと上っていくこともできます。

投稿画像

質問した人からのコメント

2011/4/30 01:46:01

降参 知恵袋にて質問をさせてもらう時「順序立てる書き文字」だけでは、さまざまに派生する内容 を、うまく表現できず困っていた中…とてもわかりやすいご説明、訳したイメージまで添付くださり、一目瞭然で、たいへん感謝してます。m(_ _)m基本的に「思考の流れ を 視覚イメージで表現する」くくりの中での、いろいろな「呼称・手法」。と、理解し、お蔭様で「これからの質問の仕方」の方向性 も、定めることができました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
簡単にみんなで作るショート動画アプリ Yahoo!Chocotle for Android(無料)

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する