ここから本文です

ACLSガイドライン2010、アミオダロンについて。 ACLSプロバイダーコース2010で...

azure_sea_tryさん

2011/5/201:05:45

ACLSガイドライン2010、アミオダロンについて。

ACLSプロバイダーコース2010で、アミオダロン300mgワンショットを行くと習いました。

アミオダロンは何回まで使用していいのですか?また、使用時間間隔はありますか?

ACLSのホームページの2010の変更点のところをダウンロードしたいのですが、ファイルが壊れているようでPCからも見れません…(涙)

よろしくお願いします!

閲覧数:
3,177
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

maeday88さん

2011/5/215:41:14

変更点のファイルには

治療抵抗性のVF/無脈性VTには抗不整脈薬の投与を考慮してもよい。
抗不整脈薬の投与がROSC率、生存率を改善するエビデンスは十分ではないが、
アミオダロン(初回300mg投与、追加1回まで150mg投与)もしくは
ニフェカラント(0.3mg/kg)は電気ショックで停止しない難治性VF/無脈性VTが
再発する症例には考慮してよい。
リドカインについてのエビデンスはこれらに比べさらに低い。

と記載されています。

ただ日本ではアミオダロンは125mgをゆっくり静注しか適応になっていません。
しかしレセプトでは
ゆっくり静注したのか、急速に入れたのかはわからないので
AHAに準じた使用をしても問題ないと思われます。

質問した人からのコメント

2011/5/6 16:51:04

感謝 なるほど~、すっきりしました!ありがとうございました◎

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する