ここから本文です

解決済みのQ&A

演劇部に入ると余計な癖がつと、ちらほら見かけますが。。。

tomitama611さん

演劇部に入ると余計な癖がつと、ちらほら見かけますが。。。

癖がついてしまうんですか?私の所属している演劇部は、全国に数回いっています。

将来の夢は声優です。

部活を続けても良いのか悪いのか、、、回答よろしくお願いします。

補足
顧問の先生は高校のとき2年間演劇をしていただけだそうです。
  • 質問日時:
    2011/5/3 08:12:19
  • 解決日時:
    2011/5/4 20:48:12
  • 閲覧数:
    1,136
    回答数:
    7
  • お礼:
    知恵コイン
    500枚

ベストアンサーに選ばれた回答

aomititeさん

癖がつくからやめたほうがいいと大抵の回答が寄せられるのは、独学のそれもアフレコごっこやプロの声優の声真似などをやることです。
発声の訓練や演技の基本もやらないままそんなことをやっていては、これは本当に癖がつきます。
身体も心も、演技をするとの発想が、それっぽい声を出せばいいといったところから抜け出せなくなってしまうのです。

演劇部は、学校によってかなり差がありますから、「声優になるために演劇部に入るのがいいか」といった質問には、必ずYESとは答えられない部分があります。演劇部に入るよりももっと違う部活や、違う活動、アルバイトなどをやっていたほうが、目標に対して有益な場合もあるからです。
だけど、演劇部に入ることで癖がつくことは通常はありません。
演劇部の演劇や指導で、声を作るような表現方法を多用することは考えられないからです。
かなり熟達した顧問の先生はそんなことやりませんし、素人の先生も対応するスキルを持ち合わせてないのでそんなことをやろうとする発想も持たないのです。
質問者さんの演劇部では、プロアマ問わない演劇の世界ではトリッキーなことをされたりしているでしょうか?
絶対にしてないと思います。
普通に芝居をやっているだけなら、気に病むことはありません。
癖にはなりませんよ。

ここには、声優になるためならキャストオーディションに受けなさいといったものが代表的ですが無知な上に無責任な回答だけでなく、誰かの回答を見てそれを自分の答えとして書き込む人だっています。
不安になるのはわからなくもないですが、合理的な理由を求めるべきですし、でないときりがありませんよ。
演劇部に入ると余計な癖がつくなどと、納得ができる理由を書いて答えている人なんていたでしょうか。

質問した人からのお礼

  • 笑うありがとうございましたwいやぁ、大げさな演技しかできなくなったりするんじゃないかとw
  • コメント日時:2011/5/4 20:48:12

グレード

ベストアンサー以外の回答

(6件中1〜5件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

t071027546さん

例えば、東京電力の原発の職員は自分がどれだけ特殊な仕事をしているか普段意識することはないです。 それと同じで、大学やら、そのくらいになって現実的にどこかの劇団に所属した方がお仕事いっぱいもらえそう?ってなわけでそーやってどこかの劇団に所属するようになるとそこでのルールしかしらないもんだから、自分が染まってる、という感覚もないままになってしまうとおもう

imudugudさん

余計な癖の内容を明らかにしていただきたいのですが、
たとえば一年もののアニメのキャラクターを演じることになったとしたら、一年そのキャラクターになるわけですから、喋り方の癖のひとつもつくと思います。その癖を自在に出したり隠したりできるのがプロなのではないでしょうか。引き出しと言われるものです。
人生経験が豊富でかつ、感受性が高い人ほど役者に向いていると言われます。癖は癖で理解しておけばいくらでも直せるので、というか直せないようではプロとして生きて行くのは厳しいでしょう。
演劇部での暮らしも大切にしてください。

pasokonnaitoikiteikenさん


私も声優を目指してます!
癖はあってもいいと思います。
癖はあんまり強くついてしまってもダメだけれど、
逆に役をするときは癖が必要になってくるときもあります。

それに、私も演劇をしていますが、やっていていいこともあるんでは?
腹式呼吸や、滑舌、気持ちの入れ方、本番が終わった時の達成感、
声優に必要なことを考えてみればいろいろあるはずです。

声優の仕事は、アフレコやアテレコだけではないんですし、声優さんの中には、舞台(演劇)をやっている人もたくさんいます。

どっちにしろ、役を演じるときに自分なりにそのキャラクターを演じなければならないのだから、癖を生かせばよいのでは?

声優になる道はいろいろありますが、舞台から声優になった人だっています!

とにかく、演劇をやっておくのは○だと思います。
こんな回答すいませんでした。。。

wordanxxxxさん

確かに癖がつくこともあるでしょうが、演劇では経験を積んでおくことの方が大事ではないかと思います。
よしんば癖がついてしまったとしても、声優をやるのなら舞台とは全く違う演技をしなくてはならないでしょうから影響は少ないと思いますよ。
役作りの方法や、自分に合っている人物などを知ることが出来るのに比べれば、ちょっと癖がつくリスクなんて個性が出て逆にいいかもくらいのものでしょう。

cucmcyc7さん

確かに、演劇で自分流に磨いてしまうと、癖が付いてしまうと聞いた事があり、とある役者さんもそのような事を言っていました。
「白い布は染めやすく、色が付いた布は染め直すのが難しい…。良し悪しの判断は出来ない。でも、“癖”というのは、ある意味武器にもなる。」と言っていました。

僕から言わせていただくと、高校生の演劇レベルなんて、微妙過ぎて誰が上手いとか下手とか決められないと思います。
それと、“声優”になる前に、“役者”になりたいとは思いませんか?
演劇を続けて、「演じる事とは何か」「演技とは何か」と言う事を知っておいた方が良いと思います。

個人の意見ですが、ぜひ演劇部は続けていてください!

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する