ここから本文です

ダクトの勉強をしています。 本のあるページには「配管の流速は2.0m/s以下にしろ」...

savasatteeさん

2011/5/2401:38:20

ダクトの勉強をしています。 本のあるページには「配管の流速は2.0m/s以下にしろ」と書かれており、 あるページには「配管の許容風速は推奨で3.5~4.0m/sにしろ」と書かれていました。これって矛盾してませんか?詳しく説明お願いします。

閲覧数:
787
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2011/5/2518:28:14

今もっとも一般的なのは定圧損法によるサイズ選定。
元から末端まで全て同じ圧力損失でサイズを決めていく。
定圧損法でサイズ選定すると太いダクトは風速が早くなり、細いダクトでは風速が遅くなる。

あまり風速が早いと抵抗が大きくなり搬送動力(電気代)が余計にかかる。
騒音も発生しやすい。

風速が遅すぎると装置が大きくなり設備スペースばかりで居住域が小さくなる。

ちょうどいい抵抗が0.1mmAq/m。
も少し勉強することですな。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

gijutucさん

2011/5/2918:33:19

流体により推奨される流速は異なります。
上記にありますように、金が絡みますので、経済的なところで選定するのが一番です。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する