ここから本文です

プラビックス(クロピドグレル)はパナルジン(チクロピジン)よりも副作用が少な...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

k_kohei_88_n725さん

2011/6/520:18:57

プラビックス(クロピドグレル)はパナルジン(チクロピジン)よりも副作用が少ないのはなぜでしょうか?

現在薬学部に通う学生です。
添付文書等をみるとプラビックスはパナルジンより副作用が弱いと記載されています。

しかしその要因についての記載はなく、作用機序を見てもプラビックスの副作用が弱くなる原因がわかりません。

プラビックスはパナルジンとどこが違うことによって副作用が抑えられているのでしょうか?
またはこの原因についてはまだ解明されていないのでしょうか?

もし分かる方がいましたら教えて頂けるとありがたいです。

閲覧数:
2,252
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

snosnow11さん

2011/6/1110:55:58

そういう課題が出たのでしょうか?そうでなければそこまで深く考える必要はないと思いますよ。少なくとも添付文書やインタビューフォームで分かるレベルではないと思います。プラビックスの勉強会にも何度か出ていますが、そこまで踏み込んだ話はなかったと思います。基本的な骨格も変わらないので原因もはっきりとは分かっていないのではないでしょうか。
それよりもこれまでの臨床成績から、両者の有効性は変わらないが副作用についてはプラビックスの方が少なかったという結果が出たということが大事です。(肝障害や好中球減少など具体的な副作用の出方の違いも重要です。)ガイドラインでもプラビックスの登場によってパナルジンはグレードが下げられました。

どうしても知りたいというなら先生にお願いして大学の名前を出してサノフィアベンティスの学術部門に聞いてみるのが一番ではないかと思います。

質問した人からのコメント

2011/6/11 15:25:37

色々教えていただいてありがとうございます^^
一度サノフィアベンティスさんに聞いてみようと思います。
どうもありがとうございました!!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する