ここから本文です

初診時に一般的な血液検査を行った場合、腎機能障害の疑い、肝機能障害の疑い、な...

質問者

makorinsannteaさん

2011/6/2818:19:47

初診時に一般的な血液検査を行った場合、腎機能障害の疑い、肝機能障害の疑い、など病名を入れないと査定をされますか?また、尿検査をした場合は、何か疑い病名が必要でしょうか?

尿検査で院内で検査した場合(ほとんどがそうでしょうが)外来迅速はとれますか?

閲覧数:
5,210
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

saruh777さん

編集あり2011/7/315:03:36

レセプト病名不足による「査定」対策についてお答えいたします。
makorinsanntea様へ
とりあえずすべての項目についてレセプト返戻時において病名の追加はできないので念には念をいれて、原則もれなくつけておくことが安心なのであり、初診時でもすべて疑い病名含めてすべて病名は必要だと思います。
○あなたのいわれる「一般的な血液検査」というのが抹消血液一般および腎機能、肝機能、脂質に関するものであれば腎機能障害の疑い、肝機能障害の疑い、脂質異常症(いままでの「高脂血症」に関してはこちらへの表記が推奨されてきましたね)の疑い、でOKです。血液像までついていたら赤血球増加症などやリンパ球減少症などの疑いなどがついていればOKです。
○尿検査の病名ですが尿中一般物質定性判定性検査を上記にあわせてされる場合はこれらに含まれます。ただし腎機能・肝機能がない場合は膀胱炎の疑いなどあれば無難です。さらには尿沈渣までいくときは糸球体腎炎の疑いなどついていればOKです。
○外来迅速に関して。院内での尿検査については尿中一般物質定性判定性レベルの内容で、その日中に患者さんにデータが渡せるものであれば外来迅速はとれます。報告が後日になってしまう項目があるととれません。
○たいがいの患者さんは体調不良や会社の健診で指摘されてみえる場合が多いのでCRPやHbA1cが追加されている場合が多いのでウィルス感染症の疑い、糖尿病の疑いなどフォローされていればOKでしょう。
○(蛇足ですが)支払い機関側の審査レベルの厳しさについて。私は大学病院と一般の病院に勤務している者ですがやはり大学病院等の規模からの請求に関しての査定のほうが全然厳しいです。よく併記を求められますので、難病系のマニアックな検査項目には十分注意されて下さい。たとえ患者さんに必要であっても査定されます。病院内にその対策委員会まで出来たほどです。
以上、査定対策としてカルテへの病名記載に関して私が日頃気をつけている点について述べさせていただきました。もちろん最初から患者さんの症状に対してはある方向性をもって疑い病名をつけて検査オーダーかけていきますので上記疑い病名に関してはあくまでも機械的に足りるか足りないか判断したものに過ぎません。もっと病名が少なくても基準をみたしている場合はあるはずです。ただ何かしらついていても足りないものはないかとの視点で考えさせていただきました。何かのお役にたてたらと思い、コメントさせて頂きました。長々とごめんなさい。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2011/6/2819:16:37

Q)初診時に一般的な血液検査を行った場合、腎機能障害の疑い、肝機能障害の疑い、など病名を入れないと査定をされますか?
A)査定されます。
Q)尿検査をした場合は、何か疑い病名が必要でしょうか?
A)尿路感染症の疑いなどが必要です。
Q) 尿検査で院内で検査した場合(ほとんどがそうでしょうが)外来迅速はとれますか?
A)尿一般は外来迅速検体検査加算は算定できます。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する