ここから本文です

今回起こった東日本大震災の津波のメカニズムについておしえてください

dogdog_mitumituさん

2011/6/3000:46:19

今回起こった東日本大震災の津波のメカニズムについておしえてください

閲覧数:
985
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

グレード

カテゴリマスター

nvwhiskyさん

2011/6/3004:39:28

参考に。記事は既に期限切れで削除されているようです。
20日付の米科学誌「サイエンス」 を購入しては如何でしょうか。

『東日本大震災 「すべり過ぎ」で津波巨大化 東大解明
産経新聞 5月20日(金)7時56分配信
拡大写真
「すべり過ぎ」で津波巨大化(写真:産経新聞)
東日本大震災で壊滅的な被害をもたらした大津波は、日本海溝付近のプレート(岩板)境界で起きた「すべり過ぎ現象」によって巨大化したことを、東京大学大学院理学系研究科の井出哲准教授らが地震波の分析で解明した。マグニチュード(M)9・0の巨大地震は、地面をガタガタ揺らした深部(陸寄り)の断層破壊と、大津波を起こした浅部(海溝付近)の大きな断層すべりの“2つの顔”を持つという。20日付の米科学誌「サイエンス」に発表した。

井出准教授らは、全世界のデジタル地震観測網の地震波記録を分析。
(1)最初の3秒間はゆるやかな破壊
(2)次の40秒間に陸地方向に破壊が進行
(3)この後に、海溝付近で約60秒間の大きなすべりが発生
(4)再び陸寄りで90秒間の深部破壊-の4段階で震源断層の破壊が進んだことを解き明かした。
巨大津波を起こしたのは(3)の段階で、このとき震源断層に蓄積されていた地震エネルギーが100%放出されただけでなく、ダイナミックオーバーシュート(動的過剰すべり)と呼ばれるすべり過ぎ現象が発生。陸側プレートの先端が変形しながら大きく跳ね上がり、津波の規模を巨大化させた。すべり量は、蓄積したエネルギーの2倍に相当するという。一方、人が感じるような周期の短い地震波(ガタガタ地震)は、(2)と(4)の深部の破壊過程からしか放出されていない。

津波地震として知られる明治三陸地震は、(3)のような静かで大きな断層破壊だったと考えられるという。井出准教授は、「東日本大震災は、深部のガタガタ地震が海溝付近の津波地震を誘発したようだ。このような連鎖は頻度は低いが、地震・津波を巨大化させる普遍的なメカニズムと考えられる」と話している。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する