ここから本文です

労働基準法(第39条第2項)で定めてある有給休暇の事で質問です。 「勤続3年6...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

indohshiさん

2011/7/111:22:36

労働基準法(第39条第2項)で定めてある有給休暇の事で質問です。
「勤続3年6ケ月目からは2労働日ずつ加算して付与される」とあるのですが、当方は毎年1日分しかもらえていません。
これって違反なのでしょうか

法令を挙げておきます。
「使用者は、その雇入れの日から起算して6箇月間継続勤務し全労働日の8割以上勤務した労働者に対して、継続し、又は分割した10労働日の有給休暇を与えなければならない(39条1項)
さらに1年間、8割以上継続出勤するごとに有給休暇は10労働日に加えて勤続2年6ケ月目まで1労働日ずつ加算して付与され、勤続3年6ケ月目からは2労働日ずつ加算して付与される。勤続6年6箇月経過時には20労働日に達し、それ以上は加算して与えなくとも良い。(39条2項)」とうたっています。

法令どおりだと6.5年で20日になるのですが、当方の場合、勤続6ケ月で10日、1年目で+1日の11日、毎年1日を足していき、20日になるには勤続10年かかります。

閲覧数:
221
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2011/7/111:35:06

記載されている文章を解釈しますと、8割以上勤務したとして、付与される有給休暇は
6か月経過後…10日
1年6か月経過後…11日
2年6か月経過後…12日
3年6か月経過後…14日
4年6か月経過後…16日
5年6か月経過後…18日
6年6か月経過後…20日
7年6か月経過後…20日ここからは加算して与えなくてもよい、ただし与えてもよい。
8年6か月経過後…20日
・・・
ですから、労働基準法違反になりますね。
(一応、法庫でも条文を確認しましたが、同様のようです。)

労働基準法はそれに示されている条件より(労働者に対して)悪化した条件の雇用契約を結ぶことは禁止しているはずです。ですから、労働基準監督署に相談に行けば対応してくれます。

質問した人からのコメント

2011/7/1 11:42:43

成功 やはり違法でしたか。しかるべき所で相談したいと思います。素早いご回答に感謝いたします。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する