ここから本文です

解決済みのQ&A

契約書などの印鑑で「シャチハタを除く」とありますが、シャチハタが嫌われる(?...

junk_rider2005さん

契約書などの印鑑で「シャチハタを除く」とありますが、シャチハタが嫌われる(?)理由は何ですか?

  • 質問日時:
    2005/11/11 21:56:09
  • 解決日時:
    2005/11/13 10:25:53
  • 閲覧数:
    39,207
    回答数:
    9

ベストアンサーに選ばれた回答

zuberabonさん

シャチハタはゴム印でしょう。
強く押すと形が変わっちゃうので同一印かの確認ができません
さらに使われているインクに問題があるのです。

シャチハタのインクは紙質で濃くなったり薄くなったり
してしまいます。
更には数年経つと判読不能になってしまうケースもあるものですから
↓の会社のように禁止してるところが多いですね。

公文書は朱肉じゃないと認められません。
http://www.mcf.co.jp/kawase/tm02.html
http://www.ransta.jp/backnumber_239_535471/

  • 違反報告
  • 編集日時:2005/11/11 22:14:07
  • 回答日時:2005/11/11 22:03:29

ベストアンサー以外の回答

(8件中1〜5件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

naagoyan99さん

シャチハタは大量製造されていて、ゴム印と同様に複製品がいっぱいあります。
ですから偽造や勝手な改変が簡単にできないようにするため、契約書などにはシャチハタはつかわれません。
印鑑は三文判以外は字体にくせがつけてあり、微妙に印影が違っています。三文判も使っているうちにカケができたりして、区別できるようになる場合もあります。
契約書などの重要書類は、印鑑証明を受けた実印を使用します。

a052999さん

シャチハタなどのゴム印は押す力によって文字の太さが変わり、同一の印鑑であっても違うものに見える場合がある、というのが公的書類に使用できない理由です。

  • 違反報告
  • 編集日時:2005/11/11 22:06:49
  • 回答日時:2005/11/11 22:04:30

monsta_boxさん

シャチハタ版は良く有る苗字ですと
文房具で即座に購入できますので、
正式な契約とか商用文書には不適。
決して嫌われている訳では無いです。
私の苗字の場合は特別注文でしたが…。

i0275さん

契約書に使えないはんこだからです。
一般の印鑑は、硬質の材料でできています。また、型にいれて作る三文判でも、微妙な違いは出ます。

しかし、シャチハタは同ものがたくさん出回っているだけでなく、ゴムでできていますので変形もします。

したがって、使えないわけです。

シャチハタはバンドー印とかいって、小さな穴の開いたゴムで、インクが染みて連続で押せる便利なものです。回覧版の印鑑とか、製品の検印などに利用されます。

eri3catさん

100円でも買えるし、誰でもそこらへんで購入できるからじゃないかな。。。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する