ここから本文です

テタニーについて

gossip_love_girlさん

2011/8/111:43:14

テタニーについて

過換気症候群で、動脈血phの異常上昇により、
血中遊離Caが減少し、四肢末端部分と顔面との
しびれ感および手足のテタニー様けいれんがおこる
メカニズム教えてください。

けいれんって筋肉の強直ですよね?だったらCaの
濃度が低下したら起こらなくないですか?そもそも
何故ph上昇により血中Ca減少がおこるんですか?

どうしてもわからなかったので教えてください。

閲覧数:
4,319
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2011/8/309:44:31

血中Caは役41%が血漿タンパク質と結合、役9%が無機陰イオンと結合、役50%が遊離Caイオンとして存在し、Caイオンのみが血管壁を透過することができます。

過呼吸などでpHがアルカリに傾いた時タンパク結合Caの割合が増加しますので、Caイオン濃度は低下します。

そしと低Ca血症ではNaイオンの膜透過性が上昇するため神経細胞の興奮性が上がり、末梢神経の自発発火頻度が増加します。
これが筋細胞へと伝わることで強直性の筋収縮=テタニーを発生させます。

つまりはCa濃度は筋肉の収縮に問題が生じるレベルで低くなってはいないということですね。

質問した人からのコメント

2011/8/3 17:26:03

ありがとうございます。あと1点だけ、なぜ過呼吸でphがアルカリに傾いたらたんぱく結合Caが増えるのですか?(*ToT)

あたま悪くてごめんなさい。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する