ここから本文です

解決済みのQ&A

テニスのフォアハンドの打ち方についてです。 腕は伸ばして打てるものでしょうか?...

jackbauer24kazuさん

テニスのフォアハンドの打ち方についてです。
腕は伸ばして打てるものでしょうか?
一昔前と打ち方が違いますね。
フェデラーなどのフォアのスローモーションをみると
腕を伸ばして打っています。

テニス肘になりやすいのではと思いますけど、実際このうち方はどうなんでしょうか?
何かメリットあるのでしょうか?
私はフォアは肘を脇をしめるようにして打っています。
だからテニス肘になることはありません。
フェデラーのように腕を伸ばして打ったりしたときはとてもじゃないですけど駄目でしたね。
解説お願いします。

  • 質問日時:
    2011/8/30 18:42:58
  • 解決日時:
    2011/9/14 07:48:06
  • 閲覧数:
    1,547
    回答数:
    4
  • お礼:
    知恵コイン
    25枚

ベストアンサーに選ばれた回答

donai_showさん

僕も2年ほど前に再開するまでは、あなたと同じような「押す打ち方」でした。
しかし、フェデラーの高速横振りスイングを動画で見てからは・・・・

腕を伸ばすと、当然ながら遠心力が強く働きますよね?
それでなおかつワイパーで強烈にヘッドを走らせるわけです。これを、腕を縮めて同じように打とうとしても、強いボールは行きません。
当然、スイングスピードを稼ぎ出すのは体の回転にほかなりません。素人レベルがやるには、ここがネックでしょうね。

テイクバックでは腕を伸ばしてなるだけ後方に引き、ひじをたたみながらインパクトし、腕を伸ばしつつワイパーをかけて・・・というのは、多くのプレーヤーがやっています。

方向安定性は確かに抜群ですよね。一般プレーヤーにはこちらが無難でお奨めではあります。

しかし、僕の周りを見ても、腕伸ばして打つ人のボールの方が威力あります。さすがに安定性は・・というところはありますが。

まあ、故障うんぬんは、腕伸ばして打つ方が危険度は増すと思います。

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(3件中1〜3件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

gawknkgmさん

男の友達がフェデラーのマネしてましたが、肘だけでなく、腰まで痛めてましたよ。笑
筋力が相当でないと、痛めると思います。

brakingbrokeさん

肘を伸ばした状態(以下ストレートアーム)と言えばフェデラー、ナダル、ベルダスコなどがいますね。

ストレートアームでは強い力で打てて、打点がよく見る肘を曲げたフォームよりか変わります。
試しに腕を伸ばした状態で物を押してみて下さい。次に肘を曲げて同じく物を押してみて下さい。
そうすれば多分理解していただけると思います。笑


とはいえ、ストレートアームだからいままでよりいい球が打てるかなんて分かりません。
実際ジョコビッチ、ソダーリンなど肘が曲がっていても爆発的かつ多彩なフォアを打つことは全然できるんですから

unnkohahahaさん

フェデラーはイースタングリップ(薄いグリップ)で打つので腕をほんの少し曲げるぐらいで打たないとうまく力が入りません。
僕たちは主にウエスタングリップ(厚いグリップ)で打つので脇をしめ、腕を少し曲げてうたないとちあが入らないんです。ナダルやジョコビッチはこの打ち方ですね。僕の友達はフェデラーの同じようにイースタイングリップでフォアハンドを打っています。僕より強いです。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する