ここから本文です

薬物の倍散について

質問者

beeenbirdさん

2011/11/917:34:59

薬物の倍散について

看護学生です。

薬物の倍散と倍液についてよく分かりません。

説明と例などを使って、詳しく教えていただきたいです。
ご存知の方回答よろしくお願いします。

閲覧数:
3,594
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tm0204tmさん

2011/11/920:20:02

【倍散剤】
医薬品にはグラムの単位で用いる薬から、麻薬や毒薬のようにミリグラムあるいはマイクログラムの単位で用いるものまである。1ミリグラムは1グラムの1,000分の1、そのまた1,000分の1が1マイクログラムだ。現在は普通の机の上でも使えるマイクログラム単位の天びんが製品化されているが、小型車ほどの値段だ。
しかし、10年ほど前のこうした天びんは特別な部屋を必要とした。温度や湿度の変化、少しの風でも目盛りが動くほど不安定だったからだ。また、基礎のしっかりしていない建物や2階では揺れのため量れず、地面にコンクリート柱を打ち、その上に直接載せて使っていた。
実際の調剤業務で散剤(粉末の薬)を量るには、10ミリグラムまで量れるデジタル式の電子天びんが一般的に使われている。ただ、これでは10ミリグラムより軽いものは量れないし、100ミリグラム以下の重さは不正確になってしまう。
そこで、倍散というものを使う。これは原薬に乳糖やでんぷんといった賦形剤を加えて量を多くしたものだ。薬によって違うが10倍散、100倍散、1,000倍散、10,000倍散が用意され、正確に量れるようになっている。
倍散を調製するときは色をつける。均等に混合できたか確認するためだ。毒薬は青、劇薬は赤に着色するが、原薬に色が付いている場合は着色しない。
倍散を使う理由がもう一つある。10ミリグラムの散剤の量は、小指に少量の塩をつけた程度の量だ。これでは少なすぎて服用しにくいが、100倍散を使うとちょうど1グラムとなり、大人が1回に服用する量にちょうど良くなる。子供の場合はO.5グラム程度が良いとされている。

【倍用液】
倍用液は、内用液剤で調剤上使用頻度の高い医薬品を、あらかじめ濃厚な予製液を調整しておくという意味で用いる。
処方頻度の高い散剤を、あらかじめ混合予製しておく場合がある(予製散剤という)が、これの溶液バージョンである。
倍用液の濃度は、医薬品の溶解度、常用量により定め、調整は液剤の一般調整法に準じるが、溶解を促進するとき或いは溶解時吸熱する医薬品を溶解するときは、温湯または熱湯に溶解する。

質問した人からのコメント

2011/11/12 17:47:10

降参 ありがとうございました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する