ここから本文です

解決済みのQ&A

糖尿病について

akira3982さん

糖尿病について

インスリンを入れ始めてから3年になります。本日の診察で自分で作るインスリンの量が、0.25と数値が低くなってきたので、だんだん1型の糖尿病に近づいている。今年の5月には5.0だったのだが・・・・?来月もう一度血液検査をするといわれました。
もう。一生インスリンなくしてはいかれないのでしょうか?あと1年で退職を迎えるので、ショックでした。AICは大体8パーセント台を行き来しています。1か月に一度の割合で通院をしています。今のところ合併症はありません。
自分で作るインスリンについて詳し方教えてください。何という名前の検査ですか?数値はいくらが正常値でしょうか?

  • 質問日時:
    2011/12/17 21:51:24
  • 解決日時:
    2011/12/26 07:30:32
  • 閲覧数:
    410
    回答数:
    3

ベストアンサーに選ばれた回答

endsingerさん

血中CPR(C-ペプチド)の値でしょうか?
インスリン注射をしていると血液中のインスリン濃度を検査すると
すい臓で作られたインスリンと注射で補ったインスリンの合計値が出てしまうので
C-ペプチドという物質の値を検査します。
http://medical-checkup.info/article/50362142.html
でも、こちらを見ると正常値は1.2~2.0ng/mlとありますから
5.0は高すぎますね。(空腹時の基準値ですから、食事をとって
検査したのでしょうか?)
逆に0.25というのは高度減少レベルということになりますね
(食後に検査したのであれば、追加分泌がほとんどない状態に
なりますね)
http://dm.medimag.jp/column/27_2.html

あとはグルカゴン負荷試験があります。
http://www.dm-net.co.jp/qa1000_2/2006/04/q448_1.html
私も入院した時に受けたことがありますが、空腹時に行うので
朝の6時にグルカゴンを注射して検査をしました。
グルカゴンを注射する前に採血して、それから6分後だったかと
思いますが(先生がストップウォッチで計測していました)に
もう一度採血します。

酷な言い方かもしれませんが、インスリン療法をしていてもA1cが8%台を
行き来しているということは2型であってもインスリンの分泌が極端に低下していて
インスリン依存に近い状態になっている可能性もあるので、インスリン注射からの
離脱は困難だと思われます。先生の「1型の糖尿病に近づいている」というのも
インスリンの分泌力が極端に低下してきているので1型糖尿病のような
インスリン依存状態に近づいているという意味での言葉かと思われます。
また、緩徐進行型のように2型と見分けがつきにくい1型の場合もありますから
血液の検査というのは自己抗体(一般には抗GAD抗体を調べます)の検査なのかも
しれません。

緩徐進行型の1型糖尿病を2型から移行してなるものなどと思っている方もいるよう
ですが、1型と2型は自己抗体の有無で識別しますから、特に発症時には2型と
見分けがつきにくいので2型と言われてずっと治療していたが実は1型だったと
いうことであって、2型だった人が1型へと変わったということではありません。
私も最初は2型と診断されて、その後緩徐進行型の1型と診断されました。
主治医の話では、「2型から1型に変わったのではなくて、もともと1型だったが、
最初に診断されたときはインスリンの分泌力が十分あったから2型と診断された
のでしょう」とのことです。

ジョセフィン研究所ってw
検索しても全然ヒットしませんよ。
ジョスリン糖尿病センターでしょ?
http://www.dm-net.co.jp/calendar/2010/010584.php

  • 違反報告
  • 編集日時:2011/12/18 10:51:47
  • 回答日時:2011/12/17 22:17:22

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(2件中1〜2件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

arajinn25さん

1型は膵臓の抗体で膵臓が破壊される病気です。

2型は悪化すると膵臓がインスリンを作れなくなりますが、
どんなに悪化しても、2型は2型です。
インスリンを注射するのが1型ではありません。

最近の研究で、1型であっても膵臓がインスリンを作っている
患者がいます。作られたβ細胞が抗体で破壊されています。
再生を強め、抗体を抑制すれば1型も治療が可能に
なってきています。
ジョセフイン研究所を調べて下さい。

2型患者のインスリン量は膵臓の脂肪蓄積と
逆比例していると報告されています。

2型患者を用いた臨床試験で、どの様な食事が
膵臓に負担をかけないかが10年以上前に
研究されています。
高糖質食が最も負担が軽く膵臓を休めるそうです。

脂質、肉、揚げ物、炒め物を食べなければ
血糖値は一気に下がり、インスリン注射量も
減少します。

インスリンには発ガン性、太るという副作用があります。
正しい食事で糖尿病の悪化を防いで下さい。

マウスの実験で高蛋白・高脂質/低炭水化物食が
動脈硬化を最も急増することが認められています。
心臓のバイパス手術、腎不全、ガンを防ぐためにも
正しい食事を行って下さい。

tnmouse1945さん

CPR(Cペプチド)と言う検査でしょう
インスリンが注射などで投与されている時
本来のインスリンの分泌状態は、CPR値から推測するのです。
基準値は0.8~2.5(ng/ml)ですから
確かにインスリンの分泌はあまりよくないと言えるでしょうネ

HbA1cが8%だとControl状態もいいとは言えません
まだ定年?退職前と若いのですから、
HbA1cは6%を目標に治療をしてください。
それが(継続的に)達成できれば、インスリン分泌細胞(膵臓ランゲルハンス島のβ細胞)
も活性化されるかもしれません(可能性は0では有りません)
今はとにかく血糖コントロールを良くする、
インスリン分泌細胞を休ませる
事が大事です
それにはインスリンの投与量、方法を検討する必要が有るでしょう

HbA1c8%でズ~っと推移していると
合併症の危険が有りますヨ
眼科は受診していますか?
4~6カ月に1回は眼科も受診して下さい

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する