ここから本文です

OrvilleとGrecoのギターについて質問です

ggied13さん

2011/12/3017:51:19

OrvilleとGrecoのギターについて質問です

質問は2つあるのですが
①あなたなら
・Orville 日本製のレスポールカスタムと
・Greco レスポールEG800
の2本でしたらどちらを買いますか?


②最近オービルと言うメーカーをはじめて聞いたので性能などもまったく分かりません。
GrecoのEG800と同程度の性能と聞いたのですが本当でしょうか?

詳しく教えてくださると助かります。

閲覧数:
4,162
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2011/12/3102:02:39

OrvilleとGrecoのギターについて回答です

回答は2つあるのですが
①単純に二者択一では選べません。まず、製造時期ですが
GrecoEG800は1970年代初め(72~3年ごろ)から1982年までの
およそ10年、Orvilleは1987年から1998年までのおよそ11年で
共に現在は製造されていず、大前提として『手に入る楽器は
すべて中古品である』と考えなければならない。つまりGrecoの方が
余計に古くその点でも不利ではあるが、傷や故障、不具合、
さらには部品交換や改造を受けてオリジナルの状態とは
変わっている可能性があり、それは当然個体ごとに違うので
実際につぶさに見なければ(場合によっては部品を外したり
電気系統をチェックして)その価値の判断が出来ない。

さらにOrville系のレスポール・カスタム(LPC)には2種類のグレードがあり
国産ピックアップ装備のOrvilleとGibson USA製を謳うOrville by Gibsonと

タダのOrvilleは1987年に65000円、89末年ごろ75000円、93年ごろに
ローズ指板をエボニーにグレードアップした85000円のLPC85が加わる。
(他にジョン・サイクス・モデル…契約していたわけではないが…LPC-JSも)

by Gibsonのほうは1987年に93000円、89年末95000円、
92年ごろ110000円、その3ピックアップ版が125000円。
by Gibsonは1995年ごろ製造中止。

EG800の方はもっと複雑。73年ごろはレスポールコピーでも安物は
当然のようにボルトオンだったりボディのアーチが中が空洞だったり
という当時としては異例のセットネックで削りだしトップの高級品。
http://psyco.jp/greco/c002_01.html

74年ごろにブロックインレイでバックコンター付きの俗に「成毛茂モデルと
呼ばれる特徴的なデザインになり75年ごろにカラーバリエーションも
http://psyco.jp/greco/c04_02.html

77年ごろにはEG-800GS(レス・デューディック)やES-800J(ジェフ・ベック)など
流行りのアーティスト・スペックを意識したスタンダードの個性派の型番。
http://psyco.jp/greco/c07_07.html

同じ年に定番のEG-700に新ピックアップ(PU-0)を搭載したバージョンや
いよいよこの価格帯にカスタムコピーEG-800Cも登場。
http://psyco.jp/greco/c08_07.html

翌78年にはエース・フレーリーっぽいカスタムの3ピックアップバージョン、
http://psyco.jp/greco/c09_07.html

さらに翌年には問題の俗にGO(ゴー)ヘッドと呼ばれる中途半端な
オリジナルデザインのヘッドストックとロゴ。ピーター・フランプトンっぽい
カスタムもカタログに。
http://psyco.jp/greco/c10_17.html
http://psyco.jp/greco/c10_16.html

あまりにも不評ですぐに路線変更、80年にトーカイに対抗して偏執狂的な
ドンズバコピーを謳うSuper Real路線に。
http://psyco.jp/greco/c12_06.html
http://psyco.jp/greco/c12_05.html

カスタムのインレイは81年のカタログではオリジナルになり
Mint Collectionタイプに。
http://psyco.jp/greco/c13_10.html

82年にはMint Collectionに全面的にマイナーチェンジして
型番の表記が変わりEG-800の型番は一応終止符を打たれる。

この1980年代前半をGrecoのレスポールコピーの黄金期と見るマニアは多い。

以上のように比較的安定したスペックで順調に値上げしたOrvilleに対し
Grecoは同じ価格帯に年度によってもめまぐるしく商品構成が変わり
バリエーションも多く、まず、『いつのどのEG-800?』かを特定しないと
話が始まらない。さらに困ったことにGrecoは似たようなデザインの楽器を
同時に複数のグレード/価格帯で販売していたので実際問題、型番を示す
シールが剥がれた状態では型番を特定することも難しい。中古であれば
パーツが替えられている事はよくあるので、実物を見ても型番は特定しづらい。

②デビュー時の価格を見ても普通のOrvilleはGrecoなら6万円クラスじゃ無いかな?
もっとも年代が全然違うので単純比較は不可能。

書くべきことはまだあるが字数制限が…

OrvilleとGrecoのギターについて回答です 

回答は2つあるのですが...

質問した人からのコメント

2011/12/31 12:28:02

驚く すごい詳しい説明ありがとうございました。
勉強になりました!!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gont2goさん

2011/12/3018:36:23

①両方販売価格1万円、
弦を張替え、弦高調整してすぐに使用できるレベルならグレコ。

②ギターには自動車のように何馬力とかの性能はありません。
価格が高くても安くても音は出ます。

グレコのEG800は1970年代中期に発売された40年前のギター
オービルは1990年代中期頃に発売されたの20年前のギター

木工加工技術は年々進化してきています。
古い時代より今の時代の方が加工技術は上です。

babycryfryさん

2011/12/3018:24:20

両方2万なら。

GrecoEG800を。

Grecoが5万で、Orville1万ならOrvilleを。
価格にも左右されます。


Orvilleは、主に日本製(一部韓国製あり)のギターです。
GibsonからPUの供給を受けて作ったOEMみたいなもん。
フジゲンなどの工場が製造を受け持った。
日本製のレスポールコピーにGibsonピックアップをのっけて販売したモデルと私は解釈してます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。