ここから本文です

小学校までが「算数」なのに中学校以上になると「数学」と、 教科名が変わるのは...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

v142857さん

2006/4/1712:39:37

小学校までが「算数」なのに中学校以上になると「数学」と、
教科名が変わるのは何故?

閲覧数:
294
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

katuo6_12さん

2006/4/1713:27:17

戦後、算術が算数と呼れるようになりました。
算数(算術)は基礎的な計算方法を学ぶもので、その応用の幾何や代数などをなどを
学ぶのを数学です。
算数は基礎的なもの、数学はその応用です。
小学校数学という呼び方では、いかにも難しそうに聞こえますから、そのまま算数と
いっています。

質問した人からのコメント

2006/4/21 21:17:30

簡単に言えば、算数が基礎で数学は応用ってことですね。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答
1〜2件/2件中
並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yutsuchamaさん

2006/4/1720:06:55

一言でいいますと、算数は数の計算で、数学は文字の計算です。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

yangwenlly3さん

編集あり2006/4/1712:44:05

さん‐すう【算数】
1 数をかぞえること。計算すること。
また、その結果得られた数。

2 小学校の教科の一。初歩の数学。
数量や図形について基礎的知識を教えることを目標とする。昭和一六年(一九四一)それまでの算術を改めたもの。

すう‐がく【数学】
1 数量および空間図形の性質について研究する学問。
算術・代数学・幾何学・解析学・微分学・積分学などの総称。

2 学校の教科の一。数学科。「―の教師」

yahoo辞書参照。
小学校で習うのは計算する上で最低限必要な知識。(和差積商や図形)
中学校以降は証明や方程式が絡んでくるので、
基礎の域を出た応用になるので数学と呼ぶのだと思います。
(とは言え、じゃあどこまで基礎でどっから応用か、と言うのは微妙でしょうけども…

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する