ここから本文です

コーチベルトに関する質問なんですが… もうすぐ4歳になる娘に、スキーを教えよ...

atihikaさん

2012/1/2920:10:20

コーチベルトに関する質問なんですが…

もうすぐ4歳になる娘に、スキーを教えようと思ってたら、コーチベルトなるものの存在を知ったんですが…

ここからが質問なんですが、ベスト式のやつとただの紐を腰のあたりにやるやつの2パターンがあるのを知ったのですが、どっちが良いのですか?

閲覧数:
2,094
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jh8vvnさん

2012/1/2921:13:02

私はどちらもいらないと思います。
コーチベルトを使っている人はあまり見かけませんし、引っ張る側の大人が余程上手でなければ、子供が転んだ所に突っ込んでしまうかも知れません。
小さな子供は、理屈ではなく、緩斜面で自由に滑り、転んで、同じ年くらいの子供の真似をして、あっという間に滑れるようになるので、もし、コーチベルトを使っても、精々数回しか使わないでしょう。
それに、子供が自分でブレーキを掛けなくても、コーチベルトで引っ張ってくれることを覚えるので、すっかりと頼ってしまい上達が遅くなるかも知れません。
自分ではブレーキを掛けることが出来ないような、少し斜度のあるところでは、大人のハの字の間入れて、横にしたストックに捕まらせて、ブレーキが足りない分を補助する程度で滑るようにしてください。(あまりしっかり支えてしまうと、子供が自分でブレーキを掛けようとしなくなりますのでね気を付けてください。)

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

グレード

カテゴリマスター

jijiski63さん

2012/1/3008:08:10

『ベスト式のやつとただの紐を腰のあたりにやるやつの2パターンがあるのを知ったのですが、どっちが良いのですか?』⇒これについては効果は同じです。私は、4人の孫を4歳でスキーデビューさせ、非常勤ですがインストラクターやっているのでスクールで園児さんにコーチングベルトを使ったレッスンをすることがあります。孫には購入したベスト式を、スクールではバンド式(紐)を使いましたが効果は変わりありません。
コーチングベルトについての是非の意見が割れているようです。私は、教える方がバックボーゲンができるなら無くても良いと思います。暴走するようでしたら止めてあげることができます。しかし、コーチングベルトは暴走を防ぐだけでなく、ある程度の操縦性もあります。園児さんの場合、最初の内は左右どちらかに軌道が偏ることが多いです。その時に偏る反対のベルトを少し引っ張ってあげると修正できます。確かに少し滑れるようになるとベルトは要らなくなります。ベスト式ですと4000円弱しますのでもったいなくはありますが、私はそれでも最初は使った方が良いと思います。自分でブレーキを掛けなくなることはありません。スピードが出そうになったら後ろから「もっと足を開いて!」と言えば良いのです。唯一、気をつけないといけないのは他の回答にもありますが、お子さんが転倒した時です。油断していると突っ込みそうになります。私も二度ほどヒッヤとしたことがあります。しかし、油断していなければ大丈夫です。
コーチングベルトについては以上ですが、ベルトよりも『トライスキー』などのボーゲン補助具です。4歳ですと筋力がないのでスキーをハの字に開いて保持しておくのは相当難しいことです。これを使わないで教えると場合によってはスキーがいやになる可能性もあります。
最後に、当スクールでやっている「補助具」と「ベルト」を使ったレッスンを紹介しておきます。このレッスンは園児さんから小2までを対象にインストラクターとマンツウマンでやります。レッスンでは、いきなりリフトに乗せて上に連れてあがり、そこで補助具とベルトを装着して、滑りだしたら足を横に開くことだけ教えて滑らせます。緩い200mの斜面ですが、大抵のお子さんは1度か2度転ぶだけで滑っております。2回目、3回目になると転ばずに滑れます。このへんで様子をみながら大丈夫なお子さんはベルトを外し、インストラクターはバックボーゲンで前を滑ってついてこらせます。年長さんから小学生でしたら早いお子さんの場合は「ボーゲン補助具」も外します。これは最初に補助具とベルトを使うからできることです。使わないレッスンもありますが、そうなるとこの段階に来るには1時間はかかります。補助具とベルトを使うと早いお子さんでしたら1時間以内でターンもできるようになります。これで効果がお分かりになったと思います。その代わり補助具とベルトが直ぐに要らなくなるのが難点ですけど・・・。
いきなりリフトがご心配ならしたで3m~5mを抱え上げて3回~5回滑らせてからリフトに乗せられれば良いです。この時は補助具は装着しますがベルトは使いません。
ご参考になればと思います。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

snowy_mamyさん

2012/1/2922:11:50

jh8vvnさんに賛成です。
後ろから紐で引っ張って止めるくらいなら、トライスキーをつけた方がいいです。
親の力で引っ張って止めても、子供が自力でブレーキの掛け方を身につけることができないからです。
足(板)でブレーキをかけることができるようにするために、子供にはストックも持たせない主義です。

コーチベルト、幾らするのか分かりませんが、それを買うくらいなら半日だけスクールに入れた方が効率がいいような気もします。
私は子供の小さい頃、転んだ時に「滑るって言ったのは自分なんだから、自分で立って!」と言ったら「ママとはもう滑らない!」と宣言されたことあります。親子関係が悪くなる前に、スキーのプロに任せた方が早いこともあります。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

グレード

カテゴリマスター

nonbiriskierさん

2012/1/2921:22:26

私は先輩ファミリーからコンケストの商品名「コーチベルト」を頂いたので使いました。
http://www.kodomoski.com/product/42
これは親と子共にベルトを装着し、その間を長いベルトでつなぐ方式です。
手を使わなくても、親の腰でスピード制御できます。(方向制御は手を使う)
収納ケースがウエストポーチ式になっていて、使わない時は長いベルトも子供用ベルトも収納でき、なかなか考えられていると思いました。
2歳からデビューしたので、結構使いました。

ただ、4歳ならせいぜい2日程度。運動神経が良い子ならリフト数本だけで不用になる可能性があります。
うちの運動神経が悪い子でさえ、年少の時には外れてます。
子供の性格によっても重要性が変わってくるので、トライスキーと共にレンタルしてくれるとありがたいのですが、レンタルできるところは限られているようです。

あと、子供がコケた時にサッと避ける技量がないと子供に突っ込みます。
コケた時は意外とベルトが短いと感じます。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する