ここから本文です

解決済みのQ&A

大阪大学外国語学部と東京外国語大学

ID非公開さん

大阪大学外国語学部と東京外国語大学

春から高校3年生になります。
阪大か東京外大の英語専攻を受けようと思うのですが、どちらを受けるか迷っています。

センター得点や偏差値は科目数が違うので比較できません。(阪大の方が多い)
旧帝大ブランドの分だけ阪大が良いと思うのですが・・・

いろいろなデータを見ていましたが、入学辞退率で東京外大の方が圧倒的に高いことが分かりました。



入学辞退率

合格 辞退 辞退率
東京外語 995 242 24.3%
阪大外語 643 30 4.7%

http://www.tufs.ac.jp/examination/ug/information/exam_data02.html

http://www.osaka-u.ac.jp/ja/admissions/faculty/general/files/H23516...



①阪大は辞退率が低いのに、何故東京外大はこんなに辞退率が高いのでしょうか?
旧帝大じゃないから格下に見られているのでしょうか?



就職等も阪大の方が阪大のリクルーターがつくから有利と阪大生の先輩にも聞きました。
将来は商社やメーカーなどのグローバルな会社に就職したいです。

②阪大と東京外大のどちらを受けるべきでしょうか?

補足
【入学辞退率 】


●合格 ●辞退 ●入学辞退率
995人―242人―(24.3% ) 東京外国語大学
643人―30人―(4.7% ) 大阪大学外国語学部


見やすくしました。
また、阪大生や東京外大生の方の意見もお待ちしております。
  • アバター
  • 質問日時:
    2012/2/19 18:46:43
  • 解決日時:
    2012/2/24 19:42:27
  • 閲覧数:
    13,951
    回答数:
    5
  • お礼:
    知恵コイン
    100枚

ベストアンサーに選ばれた回答

ID非公開さん

sanrendonchan2001さんとは真逆の回答になりますが

合格の難しさも、学生のレベルも、就職もすべて大阪大学が勝ると思います。



◎難易度
どちらもレベルの高い大学ですが、恐らく現時点では阪大の方が難しいです。
東京外大は偏差値が高く出ているように見えますが
阪大はセンター7科目・二次3科目
外大はセンター5科目・二次2科目
という単純比較できないものです。科目数が少ないと偏差値は高くなります。
東大よりも慶應の方が偏差値が高かったりするのと同じです。

このような場合、偏差値算出条件を同じにしたもので比較すべきです。
http://manabi.benesse.ne.jp/nyushi/2012/hensachi/gokaku_2/7k_koku.h...
これは同じ国数英3科目を高校2年生時点の目標値で比較した偏差値ですが、
東京外大(言語文化)=大阪大(外国語)71>東京外大(国際社会)69ですので、
阪大外国語71>東京外大70で難易度は阪大が上だと言えます。


◎就職
どちらも商社・メーカーの就職は可能ですが、就職全般において阪大の方が得することが多いです。
理由は阪大外国語=旧帝大といくくりで扱ってもらえるということです。
これにより、阪大生限定の就職説明会などに参加できることになります。
また、リクルーターも阪大OBがつきますし、入社後の学閥の面でも阪大が有利です。


◎入学辞退
sanrendonchan2001さんの指摘はもっともですが、東京外大は前期だけでもかなり多くの辞退者が出ています。おそらく、早慶あたりと併願して、大学の知名度で東京外大を辞退して早慶に進学しているのでしょう。阪大は辞退が少ないので受験生は早慶以上の大学だと認知しているのでしょう。


◎学生のレベル
また、阪大外国語学部志望の高校生を何人かバイトで教えているのですが、旧大阪外大時代には考えられなかったレベルの生徒が志望しています。普通に阪大の他学部と外国語学部を迷っている生徒もいますし、中に京大狙えそうな生徒もちらほらいます。



僕は阪大の方が良いと思います。

  • アバター

質問した人からのお礼

  • 降参ありがとうございました。
    入学辞退率は大学の魅力を表す一つの指標ですね。
    リクルーターや学歴的に有利な阪大を受けようと思います。
  • コメント日時:2012/2/24 19:42:27

アバター

ベストアンサー以外の回答

(4件中1〜4件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

a0069757さん

東京外大に友達が何人かいるので答えます。

ano_okade_yoku_hitori_naitakkeさんの言い方はちょっと誤解を招きます。
東京外大の英語専攻に行けば英語ができるようになるみたいな発言してますが、それは間違いです。東京外大の英語専攻の友達で、TOEIC800未満の子もいますよ。経済学部の僕よりしょぼいです。

だから、結局どこの大学に行っても本人がやる気出さないと語学はできるようにならないってことは覚えておいてください。

あと、東日本大震災と辞退率は関係ありません。事実、東大や一橋大は十数人しか辞退してません。

また、就職については阪大が良いです。
リクルーターもそうですが、
東京なら東大一橋東工大早慶
関西なら京大阪大神大
は別ルートで採用するという企業が結構あります。学閥的にもやはり阪大です。


教授は西洋系は東京外大、東洋系は阪大が充実してる。

学生の質は、やはり七科目が課される阪大の方が良いです。
東京外大は数学や理科を放棄しても受かる。というか、私大志望の子が東京外大を滑り止めにしてたりする。


とくに理由がなければ阪大が良いと思う。

ano_okade_yoku_hitori_naitakkeさん

阪大外国語学部に通っていたものです。
外国語学部同士の繋がりがあるので東京外大についてもお答えできると思います。


①【辞退率について】
辞退率についてはおおよそ大学の格、ブランド的な問題だと思います。
外国語のみの偏差値でいくと圧倒的に東京外大のほうがレベルが高いため、
東京外大に受かった学生というのは早稲田や慶応の国際分野の学部を併願している場合が多いです。
そのため、就職やブランド的に有利な私立に合格してそちらに流れているパターンが多いのが現状です。
一方で阪大受験者の併願する私立大学は同志社や立命など関西の大学が多く、
ランクでいうと2つぐらい差があるので双方に合格した場合に私立を選ぶ可能性はぐっと下がります。
辞退率の差というのはだいたいがこの理由だと思います。

②【どちらを受けるかについて】
商社やメーカーに就職したいということですが、
確かに阪大ではリクルーターがついたり、企業からの評価が東京外大より高いといった利点があります。
しかし、その多くは理系分野の学生に限られたもので、
合併されてまだ数年の外国語学部の評価というのは未だ低いといっていいでしょう。
事実、阪大における外国語学部の就職率は他学部とくらべて圧倒的に低いです。
あくまでも企業側には「阪大=理系の大学」というイメージがあることを覚えておきましょう。
また、阪大の外国語学部には就職支援の体制が弱く、
教授たちのコネで就職というのもほぼありません。
キャンパス自体も孤立しているため、サークルの先輩の紹介で就職活動というのも正直難しいです。
阪大にくらべると東京外大は教授たちにコネがまだあるほうです。
特にグローバルな活動をしている企業や団体からの評価は高いため、
外国語を武器にして社会に出るときには阪大の外語より圧倒的にランクが上です。
また、授業自体の内容も東京外大のほうがぐっとレベルが高いので、
本当に外国語をみにつけたい、学歴以外の実力の部分で戦いたいというならオススメです。

情報量が多くて見づらいと思うので、端的にまとめておきます。

◎大阪大学を選ぶ
メリット:企業ウケがいい(特に関西)
デメリット:就職支援体制が弱い、コネ入社は難しい、留学でもしない限り外国語力はつかない

◎東京外大を選ぶ
メリット:外国語力がつく、東京に近い(これは就職する上で非常に有利)
デメリット:知名度がいまいち、外語大という事で女性のイメージがあり体育会系企業からのウケがあまりよくない

堅実にいきたいなら阪大のほうがいいという人が多いとおもいます。
大企業なんかだと入社後の出世にも学歴がかかわってきたりするので旧帝大というブランドは大きいでしょう。
実力をつけて海外をとびまわって仕事がしたい場合には東京外大のほうが良いです。
大学で英語と他言語(世界の現状的には中国語、東南アジア諸語がオススメ)を確実に身に付け、
はやいうちから東京の会社で貿易事務のインターンでもしていれば、
もしかしたらこれからの時代はそっちのほうが就職しやすいかもしれません。
また、「東京の大学に通う」という事に非常に人生において意味があると私は思います。
なので個人的には東京外大がおすすめです。

阪大を選んで母校の後輩になってくれることも勿論歓迎ですけどね!

camloops90140さん

①辞退率について・・・単純に東日本大震災の影響です。東外大に限らず関東以北の国立大学の辞退状況も概ねそのような状態です。関東東北の国立大学の受験データをいくらか見てみれば、納得されることと存じます。

②受験校について・・・これはなんともいえません。関西では阪大の知名度は抜群ですし、関東では東外大のブランドは強力です。阪大と東外大は両校とも難関で、目標が商社・メーカー・グローバル企業というまだおぼろげな段階で就職にどちらが有利というのはありません。阪大出身者が阪大有利というのは心理学的に当然であり、学生数からして現役OBが多いのもそのように捉えられることもあるかと思われます。
但し、東大を出ても社会人として使い物にならないこともあるように、どちらの大学に入学しても4年間でどれだけ将来を見据えながら学生生活を充実させたかが、就職活動を有利に導ける最重要点です。民間企業を目指すのであれば接客業のアルバイトを経験されることを望みます。お住まいの地や好みの問題もあるでしょうから、親御様や先生とよく相談されることです。

sanrendonchan2001さん

合格の難しさも、学生のレベルも、就職もすべて東京外大が勝ると思います。

質問者さんが気がつかれた入学辞退率は今回は気にしなくていいと思います。
昨年の外大は震災の影響で、後期試験が実施されず、センター試験の結果で合否をだしていますので、ほぼ当初志願者を対象に合否を出す形になりました。例年の後期試験は、当初志願者の50%以下が実際の後期受験者ですので、このような形になっているだけです。前期試験の辞退者と後期試験の辞退者を比較すれば、その差が大きくありませんか?
どちらを受験するかは住んでいる場所、就職先なども考慮する必要はありますね。外大・阪大ともに難しいです。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する