ここから本文です

シェイクスピアの「ハムレット」の内容を、起承転結にまとめて簡単に教えて下さい。

popoposchoolさん

2012/3/1020:00:17

シェイクスピアの「ハムレット」の内容を、起承転結にまとめて簡単に教えて下さい。

あまり長いと自分の頭では理解できない気がします。
本を読んでみても理解できなかったので……

閲覧数:
825
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

emptycometさん

2012/3/1021:07:50

起・・父王が毒殺され、犯人の叔父が王となり、母とも再婚する

承・・ハムレットは気が狂ったふりをして、叔父に対して復讐の機会を狙う

転・・恋人の父親を殺してしまう・・悲しんだ恋人が死んでしまう
復讐を果たすが 自分も決闘でけがをしてしまう

結・・主人公も死ぬ

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fuuichiさん

2012/3/1415:30:37

前の回答者お二人は、劇の終わり近くでハムレットとレアティーズとが剣で戦うことを「決闘」と呼んでいらっしゃいますが、あれはあくまでも剣術の試合であって、決闘などではありません。これは、じつに多くの人がまちがって覚えておられるようで、しょっちゅう同じ誤りを聞かせられるのですが、戯曲を読むなり舞台を見るなりすれば、誤解しようのないことです。
クローディアスとレアティーズは、ハムレットを謀殺しようとして、この試合を行うことを思いつき、剣先に毒を塗ったり、酒に仕込む毒を準備したりしたうえで、ハムレットに試合を持ちかけるわけですが、こういうのを決闘というのは無理なことでしょう。
また、ハムレットの方からすると、これは純然たる剣術の試合(つまりはスポーツの一種)であって、決闘などであろうはずがありません。

他に、第一の回答者氏の「クローディアを毒殺しようとするが、」というのも、戯曲にはないことです。そもそも人名も間違っています。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sudati10saiさん

2012/3/1020:44:03

転が多すぎて起承転結にできないのですが。

ハムレットの父である王が急死する。父の弟のクローディアがその後、王となったうえにハムレットの母と再婚。
ある日ハムレットは父の亡霊から、父がクローディア(弟)に毒殺されたと聞き、復讐を誓う。
ハムレットは復讐のため狂ったふりをする。
ハムレットは、クローディアを毒殺しようとするが、恋人の父親を誤って殺してしまう。恋人は悲しみのあまり死んでしまう。
恋人の兄が、父と妹の仇を討つため、ハムレットと決闘する。
決闘後、ハムレットはクローディアを殺すが、自分も決闘の傷がもとで死んでしまう。

途中でハムレットの母も死にますし、恋人の兄も死ぬのでみんな死んでしまうという悲劇となります。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する