ここから本文です

アーク溶接のコツ。アーク溶接で、はじめにカツンカツンって叩くじゃないですか。...

質問者

captain_japan_2512さん

2012/5/1523:28:38

アーク溶接のコツ。アーク溶接で、はじめにカツンカツンって叩くじゃないですか。あれで板との距離を把握しようとしても板にくっついてしまいます。

なにかコツはありませんか?慣れですか?

ウィービングでビードをやろうとしても幅が広くなったり、先生のように上手にできません。

簡単そうに見えてむずかしいです。コツを教えてください!

閲覧数:
39,692
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

qwqwqw0523さん

2012/5/1523:44:55

あれは叩いてるのではなく火花を飛ばそうとしてこすっているのです

くっつかないコツは「直角にではなく斜めに滑らせるように当てる」ですよ

進めているときは「光点(一番明るいところ)の外観を触るくらいのイメージで一定に進めるときれいにできます

「材料」ではなく「光点の外観」ですよ

それと、電圧の加減も人、材料、気温によって全く変わります

先生がベストだといってもあなたにとってそうではない場合があります

上記の方法でまだくっつく場合は少し電圧を上げてもいいと思います

余談ですが、わたしは周りの人より高電圧で流しながらやるのが好きです

そのほうがグラインダーで削る量も少なくて済むしなにより時間短縮になります

職場の実践と学校の練習ではやり方が多少違うかもしれませんが

あとは経験と慣れだと思います

溶接は慣れるとこれほどまでに楽しい作業はありません

あなたにはぜひ溶接マスターになってほしいですね^^

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

y_yos_yさん

2012/5/1622:52:01

単純に電気が低いだけです。

思っているより電気を上げるのがコツだと思います。

あと、ウェービィングは焦らずゆっくりと動かすのがコツかと思います。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

hiro7155kikuさん

編集あり2012/5/1822:34:09

アークスタートは慣れるしかない、コツを聞いても理解できても手が追いつかない。

上達法はアーク部分をよく見る、溶接金属とスラグが分離してるのがわかるようになってきます。
それが見えるようになればスラグが離れた状態のビード、近づいた状態でどんなビードになってるか比べてください。
基本的には電気を上げればスラグは離れる、下げれば近づく。
基本的としてるが棒の離れやビード幅や棒の倒し方向で変わってくる、どんなビードいろいろ試してみてください。

溶接は進むスピードと勘違いしてる人がかなりいますが、溶接は溶けてる所がどんな状態になってるか見ながら進む。
そうすれば一定の幅で溶かせば一定なビードになります。

注意
電気の調整にはこだわらないように。
電気の強い弱いがわからない状態で調整できないはず、溶接を理解してくると電気の調整は自ずと身に付きます。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

グレード

カテゴリマスター

s_arumu_iさん

2012/5/1606:36:41

アークスタートは、カツカツ叩く? 要領ではなく・・もっとやさしく母材に溶接棒の角を置いてごらんなさい。。少しするとジワジワアーク放電が起こるのを待ちます。 上手くいかなければすこし電流を上げて行ってください、上手く行くようになれば徐々に電流を適正値まで落として行けばそれまでには慣れるでしょう。 溶接は母材を温めて溶接池が出来る部分に溶接棒を加えて行くような感覚です。冷えた母材にはうまく溶け込みません なので初心者は溶接開始時と溶接完了時のビードにムラが出来やすいのだと思います。 目だけなく耳も駆使してください。慣れてくると狭い配管の裏側の溶接も光の加減と音で溶接できるようにもなります。 目を傷めないよう注意して練習あるのみです。 ※練習といっても板やパイプに闇雲に溶接するだけではダメで・・ある程度、溶接が出来る様になったら必ず製品を作ってください。 パイプ作業台や棚など何でも良いです その方が熱歪の理解も早くうまく完成させようと緊張するので上達が早いと考えます

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sjapan2さん

2012/5/1600:12:13

一度板にくっついた時点で失敗したなら溶接棒の先端をニッパーなどでカットして新鮮な状態にしてから溶接を進めた方が良いのです。カンカンとやっているのは絶縁不良になった溶接棒の先端を他金属に叩く事により皮膜を取りスパークをしやすくしている行為なので慣れないと上手く行かないのです。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

metalsaga37さん

2012/5/1523:33:15

コツなんてありません!『習うより慣れろ』です!何十回、何百回、何千回と繰り返し練習し自分で上手く溶接する方法を見つけるしかありません!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する