ここから本文です

プロリンはペプチド結合をどのように形成するのでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

cmj25580さん

2012/5/2703:12:27

プロリンはペプチド結合をどのように形成するのでしょうか。

アミノ酸はアミノ基(-NH2)とカルボキシル基(-COOH)を持つ構造をしているため、脱水(分子間脱水)して、ペプチド結合(-NHCO-)することで、ペプチド、ジペプチド、トリペプチド、ポリペプチド・・・タンパク質などを作って行くのはわかりますが、プロリンは、アミノ基を持たず環状の中にNHが含まれています。こういうのをイミノ酸と言うらしいです。これがどのようにペプチド結合に成って行くのでしょうか。

以下の知恵袋の質問で、
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1353794023
質問者:プロリンのペプチド結合ってどうやるんですか?大学生です。
回答者:こういうのを読んでください。http://www.chem-station.com/yukitopics/proline.htm

なので、読みました。・・・残念ながら、わからなかったです。
とりあえず、プロリンは触媒に使われることがあるアミノ酸ということはわかりました。。
誰か教えて下さい。

この質問は、活躍中のチエリアンに回答をリクエストしました。

閲覧数:
962
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

satoiwa_135さん

2012/5/2715:15:43

プロリンの場合、イミノ基(=NH)上のH原子が他のアミノ酸のカルボキシル基と分子間脱水して(=N-CO-)という特殊なペプチド結合を作ります。他のアミノ酸のペプチド結合と異なり、N原子上に水素が無くなることで、タンパク質の他の部分と水素結合を形成できず、また、環状構造を持つために内部の結合角度が固定されており、他のアミノ酸ならば回転自由な(-N-C-)結合が回転できない等の影響でタンパク質の構造を固くする働きがあるなど、タンパク質の立体構造に大いに影響を与えます。

質問した人からのコメント

2012/5/28 20:08:26

笑う また、回答して頂きありがとう御座います。
とてもイメージしやすかったです。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する