ここから本文です

ギターでアドリブが弾ける人は、ただスケールのポジションを把握しているんじゃな...

hqnqaqさん

2012/7/2412:42:18

ギターでアドリブが弾ける人は、ただスケールのポジションを把握しているんじゃなくて、弾いている音がルートから何度はなれているかわかりながら弾いているんでしょうか?

閲覧ありがとうございます。



自分はギターをやっているんですが、アドリブを弾くことができません。


スケールはペンタトニックやメジャースケールを少しずつ覚えていっている段階です。


最近思ったのですが、ギターでアドリブが弾ける人はスケールのポジション表?みたいなものを完全におぼえているというよりも、ルートから何度はなれてるってことをわかりながら弾いているような気がします。(頭の中で思いついたメロディが度数把握できてるような)


たとえば、keyCの曲に対して、Cメジャーペンタを使ったとしますよね。ルートとなるポジションは主に5弦3フレット、6弦8フレットで、頭の中に浮かんだメロディがドミソだとしたらルートが5弦で弾いていたらミはルートの右上4弦2フレット、ソは右下の4弦5フレット・・・それぞれ度数の位置を把握しているのではと思ったんです。


自分の場合は、ただボックスポジションの表を形としてしかみていません。


アドリブだけじゃなく、耳コピもインターバルを感じながらやっていないせいか、物凄く時間がかかります。


長々と書いてしまいましたが、質問は上に書いたようにギターでアドリブが弾ける人は、ただスケールのポジションを把握しているんじゃなくて、弾いている音がルートから何度はなれているかわかりながら弾いているのかということと、

もしそうだとしたら、どういう練習をしたらそれができるようになるかを教えていただけたら嬉しいです。



宜しくお願いします。

補足皆さん回答ありがとうございます。
物凄く参考になります。

頭で浮かんだ音がギターで再現出来ないからアドリブが弾けないんだということが質問してわかりました。

頭で浮かんだ音をギターで再現するにはどういった練習が効果的でしょうか?

自分の今までの練習ではいつまでもそれが出来ない気がします。

教えていただけたら嬉しいです。

閲覧数:
407,584
回答数:
14
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

編集あり2012/7/2414:43:47

こんにちは、hqnqaqさん。

hqnqaqさんのご質問の意図に沿っているかどうかわかりませんが、私がエレクトリックでアドリブを“他人から褒められるようになった”練習法の知恵ノートを貼らせて頂きます。

____________________


アドリブでギターソロを弾くと「ついつい“手癖”に頼っちゃう」方は多いと思います。

手癖が出てしまうのは「いつもギターありき」の状態でアドリブを弾こうとしているからだと思います。
ギターが“歌ってくれない”のは、ギターをスケールに近いところで弾く「作業」になってしまっているからだと思うんです。


私は知恵袋で、“曲を鼻歌で歌えるくらいに完全にコピーすることがギターソロをコピーするための最強ツール”と言い続けてきました。
これはアドリブにも全く同じことが言えます。
コピーには元歌があって、それを「完コピ」し、ギターに置き換える訳ですが、アドリブの場合は「元歌を完コピ」する作業はありません。
あるのは、【鼻歌をギターに置き換えることだけです】。 しかも瞬時に。

鼻歌と言うのは自由です。 絶対音感が無ければキーもテキトーでしょう。 コード進行の制約もありません。 まるっきり“フリー”です。
但し、セッションなどのアドリブソロの場合は、リズムやキーやコード進行の制約があります。 この制約をある程度守りながら、鼻歌で歌えるスキルを持つことがオリジナリティを持つギターソロを展開するための第一歩だと私は考えます。


非常に僭越ですが私、白紙の状態からのギターソロが得意です。

(中略)

忘れもしない池袋でのフリーセッションで、ギターが4人も来ちゃった時がありました。 鍵盤には大御所がいて、席を譲ってもらえそうにない。
だから私、“スキャットで参加した”んです。 予め進行は配布されてて、ブルーステイストたっぷりでちょっとジャズっぽいコード進行だったので、めっちゃ気分良くスキャットで歌いまくったんです。 自分がサッチモかエラにでもなった気分で。


そしたらピアノの大御所に絶賛されたんです。 「あんたスゲーな。それがギターで弾けたら天才よ?」って。

調子に乗った私は、スキャットをその場でギターに置き換える、すなわちジョージ・ベンソンみたいな練習をするようになりました。
最初は「スキャットをギターに。」と言う感じよりも、「手癖ギターを声でなぞる。」感じになってしまったけど、3ヶ月くらいそればかり練習してたら、ほとんどスキャット通りにギターで弾けるようになった。
ステージでも演るようにまでなっても、時折スキャット→ギターを外したところで指のほうはたいてい何かしらオンスケールで弾いているのでお客さんは「間違えた」ことに気付かなかったと思う^^;
しかもアドリブ中はメロディのことで精一杯になるので、目を閉じて弾くようになった。 「スキャット→ギター」への置き換えがほぼオートマチック&ブラインドタッチになったんです。
これは私の大きな武器になりました。


私のようにスキャットしながらアドリブを弾く必要はないとは思いますけど、きっとアドリブが手馴れている人は“声には出さずともきっと歌ってる”と思うんです。 私が「上手いなぁ。」と思う弾き手は100%「ジョージ・ベンソンが出来ます」。

__________________


hqnqaqさんが、創造力逞しいソロを弾くことを応援します。

少しでもご参考になりましたら幸いです。


【追記】
ちなみに、「ルートから何度離れているか」等はアドリブ中まったく考えていません。 スケール表みたいなものを思い浮かべることもなく、考えているのは唯一【数小節先の“歌”のメロディ】でして、そのメロディは基本的にスケールに則っている、もしくは気持ち良くスケールアウトする程度に必ず収まっています。(鼻歌でメチャメチャにスケールアウトするほうが難しいですよね。) “アドリブはギターありきでは弾けない”と思うのは、そう言う意味からなんです。
メロディさえ浮かんじゃえば、あとは両手がギターに置き換えてくれます。
アドリブを弾く、と言うのは、どれくらい「メロディがひらめく余裕を脳に与えるか」なんだと思うのですが如何でしょうか。

【補足につきまして】
「ひらめいたメロディをギターで表現する練習」ですが、私の場合は先ず“声でメロディを歌いながら、そのメロディをギターで弾く”ことに終始しました。 最初はどうしてもギターを声でなぞってしまうんですが、意識を“声先行”に強く持って練習を重ねると「逆転」し始めます。 もちろん逆転当初は声の音程を外すことも多いのですが、スケールなどを意識しないぶん自由度が高いので、次第に“本当のアドリブ”になってゆくはずです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「ギター アドリブ」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/13件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2012/7/2800:39:34

回答見ながら自分もなるほどーとか思っちゃいましたw

で、補足見ました。要するにアウトプットのトレーニングですが、とりあえず思いついたのを鼻歌で歌います。音痴でも、雰囲気だけでいいんです。そんでギターで弾きます。多分歌えると思いますが、ギターで弾くのが出来ないかもです。最初は「ドレファー」みたいにごくごく短い、一小節にもみたない、なんの変調もないのをやっていって、だんだん長くしていって、スムーズにいくようになったら、歌わずにギターで直にアウトプットできるレベルまでやります。

と思ったらもう既出でしたねw失礼しました。

とりあえず、スケールもとっても大事ですが、ふとアドリブでなにも思いつかなかった時用に、いくつかフレーズを持っておくのも大事です。アドリブが途切れ途切れじゃダメダメですからね。


気合いです。がんばってください!!

2012/7/2618:40:03

私もあまり得意ではないですが、例えばE7なら


構成音がE、G♯、B、Dなので、


同じく構成音にE、G♯、B、Dが含まれる。Aハーモニックマイナースケール(A、B、C、D、E、F、G♯(マイナースケールの7度の半音上がり)、A)を弾きます。


コード=スケールであり、構成音を理解して弾きます。


最初にダイアトニックコードを覚えた方が良いですね。


私は、YUIの「ギターコード理論超入門」と「ペンタトニックスケール超入門」という2枚のDVDと竹内一弘著「アドリブギターのためのスケール革命」、宮脇俊郎のリットーミュージックから出ている音楽理論の本等を参考にしています。

2012/7/2510:27:58

捕捉について

簡単なことです、TVやステレオを垂れ流しながらそれに合わせてギターを弾くことです

慣れてくれば初めて聞いた曲でも瞬時にキーやコードがわかるようになり、自然とそれに合ったアドリブ(フレーズ)が出てくるようになります

スケールや理論の勉強はそれらができるようになってからすることです、音楽理論は後付です

おそらくどんなプロでも昔はやっていたはずです

編集あり2012/7/2512:17:57

いろいろな考え方がありますが、私は度数も把握しておいた方が、わかりやすくて良いと思います。
ギターのアドリブを弾くのには、まずコードの形とメジャースケールを徹底的に覚える事です。
ギターは元々コード楽器ですから。
5、6弦ルートのコードに加え、4弦ルートのコードも頭に叩き込む事をおすすめします。
また、どの位置にどの度数の音があるのかも、把握しておくべきです。

その上で、たくさんいろんな演奏を聞いて、人のプレイをコピーして、何年もかけて積み重ねて行くものです。
理論を知らないで、スキャットで演奏しているミュージシャンもたまにいますが、多くは黒人です。彼らは黒人音楽が体に染み付いてますから。

曲やアドリブをコピーして、それが何度の音かを把握しておく事は、アドリブをする上では非常に重要だと私は思います。


追記:ペンタトニックスケールを覚えて、アドリブを即興で弾くのも大切な作業です。ただその上で、度数も把握しておいた方が、より高度なプレイができますよ、という話です。

eikan1000さん

2012/7/2422:22:44

頭で浮かんだ音を楽器で再現するためには、楽器をよく知ってどこを弾けばどの音がでるということを身に染み込ませることだろうね。
弾いてただ音を出すというのではなく、頭の中の音と楽器からの出音を一致させながら結び付けてゆく。スケール練習もフレーズの練習も全てそういう風にやる。

歌を歌って音痴じゃないというのは頭にある音と身体で出す音が一致しているということだよね。このときの身体を楽器に置き換えるような感じだ。とにかく頭でも音を鳴らしながら楽器を弾いて、その二つがよくシンクロするように努めよう。

頭に浮かぶようにするためには使えるフレーズのインプットの量を増やしたり、モチーフの展開を研究するといいかも知れない。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。