ここから本文です

行政事件訴訟法第23条の「行政庁の訴訟参加」と行政不服審査法

質問者

yhtrtgsさん

2012/8/1711:05:50

行政事件訴訟法第23条の「行政庁の訴訟参加」と行政不服審査法

行政事件訴訟法第23条により関係行政庁が訴訟に参加できる制度がありますが
なぜ行政不服審査法にはそのような制度が認められていないのでしょうか。

閲覧数:
223
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アップロード写真

カテゴリマスター

srkoko411さん

編集あり2012/8/1713:11:11

行政不服審査法の目的が、「行政庁の違法・不当な処分によって不利益を受けた国民の救済」が目的で、行政機関側の利益、例えば円滑な行政運営を確保する・・・といった目的はないからですね。もし、関係行政機関からの手続参加を認めると、行政機関側の利益確保のための不服申立制度になってしまうおそれもあります。

また、審査庁も行政機関ですから、関係行政機関が手続きに参加できるとすると、行政が行政に救済を求めるという変な構造にもなります。


一方、行政事件訴訟ですが、こちらは行政機関ではない司法機関(裁判所)が、公平中立な立場から審理を行います。訴えた原告と、訴えられた被告(行政主体)とが対等な立場で攻撃・防御を尽くして裁判所が中立的立場から判断しますから、行政側の訴訟参加も、攻撃防御の一環として認められます。

質問した人からのコメント

2012/8/18 10:50:37

納得できました。早い回答ありがとうございました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する