ここから本文です

解決済みのQ&A

軍人のランクを教えて下さい。 大将や提督、軍曹や准将、大佐に大尉・・・いろいろ...

chisikinoizumiさん

軍人のランクを教えて下さい。
大将や提督、軍曹や准将、大佐に大尉・・・いろいろあって、ややこしいです。

  • 質問日時:
    2006/9/23 06:45:15
  • 解決日時:
    2006/9/26 03:16:44
  • 閲覧数:
    44,507
    回答数:
    2

ベストアンサーに選ばれた回答

bukuroxさん

一般的なランクを以下に書きます。
下の方から・・・
二等兵、一等兵、伍長、軍曹、曹長、准尉、少尉、中尉、大尉、少佐、中佐、大佐、准将、少将、中将、大将、元帥
准将・少将・中将・大将など将官クラスを「将軍」と言い、海軍においては「提督」と言います。

“一般的な”と前置きしたのは、国によっては多少違うものもあるからです。さらに細かく分かれている場合もあれば、無いものもあります。
例えば、アメリカ軍では軍曹、曹長、准尉の階級がもっと細かく分かれていて、「一等軍曹、二等軍曹、先任曹長、上級曹長、最上級曹長、准尉長」などがあったりします。
中国軍などは大将の上に「上将、一級上将」などがあり、少佐から大佐に相当する階級が「小校、中校、上校、大校」などとなっております。
ロシア軍にも大佐の上に「上級大佐」などがあります。
旧日本軍においては、一等兵と伍長の間に「上等兵と兵長」が入ります。准将という階級はありませんでした。
同じ日本軍でも海軍になると、二等兵~兵長が「四等水兵~一等水兵」となり、伍長~曹長が「三等兵曹~一等兵曹」准尉が「兵曹長」となっていました。

自衛隊の場合は(陸上自衛隊の場合)、二等兵が「二等陸士」一等兵が「一等陸士」兵長が「陸士長」伍長が「三等陸曹」二等軍曹が「二等陸曹」一等軍曹が「一等陸曹」曹長と准尉はそのまま。少尉から大尉が「三等~一等陸尉」少佐から大佐が「三等~一等陸佐」少将が「陸将補」中将と大将が「陸将」(同じ陸将でも統合幕僚会議議長、幕僚長などが大将に相当する)・・・となります。海上自衛隊や航空自衛隊は“陸”の字のところに“海や空”が入ります。

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

yamagadennkiさん

軍人の階級呼称のサイトです・・・・・・・・・・。

元帥は将官の上に置かれ、最上級のものを総称する。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/7009/mg0102-3.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8F%90%E7%9D%A3#.E6.97.A5.E6.9C.AC....

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する