ここから本文です

よく神社の神主さんや巫女さんが おはらいする時に使う 白く長い紙のついた おは...

lemon_sitorinさん

2006/10/2100:03:34

よく神社の神主さんや巫女さんが
おはらいする時に使う
白く長い紙のついた おはらい棒の事を教えて下さいませんか?
正式な名称や、おはらいするときの動作順序などが知りたいのです。
ご存知な方、どうぞよろしくお願いします。

閲覧数:
87,853
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2006/10/2109:41:09

幣(ぬき)といいます。
一般には「御幣(ごへい)」を指し、神職が御祓いをする時などに持つ神祭用具です。
白、又は金銀や五色の紙を幣串(ぬさぐし)に挟んだもので、「おんべ」とも呼ばれます。
これを振って罪やけがれ、災厄を祓い清めます。
御祓いには、大祓詞(おおはらえのことば)があります。
大祓詞とは、一般には「祝詞(のりと)」といい、神と人の対話をして、御祓いをします。
祝詞にも、地鎮祭、、結婚式、宮参り、厄年、神葬祭(神式の葬儀)、家内安全などによって、違います。

祝詞の最初の言葉としての例は以下の通りです。

地鎮祭
忌竹(いみだけに)に神縄(しめ)引き回し神籬(ひもろぎ)刺し立て、・・・

結婚式
言巻(いわま)くも畏(かしこ)き「神名」大神の御前(みまえ)に白(もう)さく、・・・

宮参り
掛巻(かけまく)も畏(かしこ)き「氏神さまの名前」産土大神(うぶなのおおかみ)の御前(みまえ)に・・・

厄年
掛巻(かけまく)も畏(かしこ)き「神社の名前」の大神(おおかみ)、祓戸(はらえどの)大神たちの大前(おおまえ)に、・・・

神葬祭
・・汝命(いましみこと)や先頃より身労(みいた)つきて・・・

と、それぞれ違います。

機会があれば、聞き比べてみてください。

「日本の宗教」より参考。

このサイトも見ると、面白と思いますよ。→
http://www.jinja.or.jp/faq/list.html

質問した人からのコメント

2006/10/27 20:23:33

感謝 祝詞の最初の言葉…に興味をひかれこの方の物を選ばせていただきましたが、どの方のお返事も大変参考になりました。有難うございました<(_ _)>

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2006/10/2117:47:15

古代には「麻」をフサまたはヌサと呼びました(『古語拾遺』)。
その麻は神に捧げたり(「幣」と書くことが多い)、不浄を祓ったりするのに用いました。
古くは各自「麻」を差し出させたのですが、次第に各々で「麻」を引いて祓い清めさせたようです。
この「麻」を細かく切って各自で祓わすことも行なわれました(『江家次第』に「切麻」〔きりぬさ〕とある)。
更に時代が下ると「麻」を手に取って振り、祓い清めたようです(『皇太神宮年中行事』〔こうたいじんぐうねんちゅうぎょうじ〕)。これが今日の「大麻」(おおぬさ)の源流と思われます。ー以上、『国史大辞典』の要約ー
古来、麻には「けがれ」を吸い取るとする考えがあり、今日の「大麻」にも紙と共に麻を用います。
祓う所作は左・右・左ですが、野球のスイングのように振る場合と刀で切り付けるように振る場合とがあります。
なお「大麻」をタイマと読む場合は伊勢神宮の神札を指しますが、これにも麻が用いられており、明治以前は「おはらい」と呼ばれていました。

izayoi0301さん

2006/10/2114:48:46

元巫女です。神主さんが振るわさわさしたものですね?あれは巫女が振ることはありません。女性で振る事の出来る方は女性神職さんです。

名前ですが、「大幣または大麻」と言います。どちらの読みも「おおぬさ」です。

順序ですが、まず大幣が置いてあるところに行きます。その場所を祓所(はらえど)と言います。神前作法に注意し、「掛けまくもかしこきいざなぎの~」という祓詞(はらえことば)を言い、その後参拝者などにお祓いをするのです。基本「左右左」です。

imodanget18さん

2006/10/2100:28:31

「御幣」(ごへい)または「幣(ぬさ)」と言います。
神祭用具の一つで、紙または布を切り、細長い木に挟んで垂らしたもののことです。「御幣をかつぐ」(縁起を気にする)などと、私達が普段使っている言葉でもあります。
通常、紙垂は白い紙で作りますが、御幣にとりつける紙垂は白だけでなく五色の紙や、金箔・銀箔が用いられることもあります。

かつて、神に布帛を奉る時には木に挟んで備えていましたが、それが変化したのが今日の御幣です。
その由来から、元々は神に捧げるものでしたが、後に、社殿の中に立てて神の依代あるいは神体として、あるいは祓串のように参拝者に対する祓具として用いるようになりました。

御幣の祓い方(振り方)にはいろいろな作法があるようです。下のサイトをご覧ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A1%E5%B9%A3
http://www.go-kito.com/school_03.html

2006/10/2100:10:53

名前は玉串(たまぐし)だったと思いますが、動作順序まではちょっと……。
中途半端で申し訳ありません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。