ここから本文です

解決済みのQ&A

消火器の中身はどんな物質でしょうか?燃えないという意味で二酸化炭素ではないの...

imaikouzeさん

消火器の中身はどんな物質でしょうか?燃えないという意味で二酸化炭素ではないのかなーと推測できますが・・・お忙しい所、御回答よろしくお願いいたします

  • 質問日時:
    2006/10/21 21:52:06
  • 解決日時:
    2006/10/28 20:52:31
  • 閲覧数:
    13,618
    回答数:
    4

ベストアンサーに選ばれた回答

fukuginamikiさん

消火器の種類はたくさんありますが、一般的に普及されている消火器は、
「粉末消火器」という種類のものです。
消火器の中には、炭酸ガスのボンベとリン酸アンモニウムの粉が入っています。

消火器の成分は、
リン酸二水素アンモニウム NH4H2PO4(117ミクロン以下の微粒子に精製された粉)
硫酸アンモニウム (NH4)2SO4
二酸化珪素 SiO2
シリコーン樹脂
着色剤
からなっており、上の2つは、リン安、硫安という肥料の成分と同じものです。(人体に無毒らしい)
二酸化珪素は、土とかガラスの成分と同一で、不燃性粒子です。

消火剤がノズルから噴射されると、燃焼物の熱によって炭酸ガス(二酸化炭素)
となり、燃焼物をおおって空気から遮断して消火する原理です。
http://www.gear-m.co.jp/bousai/shokaki/s02.html

  • 違反報告
  • 編集日時:2006/10/25 22:32:49
  • 回答日時:2006/10/21 21:55:20

質問した人からのお礼

  • 感謝ありがとうございました。すごく丁寧な説明で充分に理解できました。
  • コメント日時:2006/10/28 20:53:06

グレード

ベストアンサー以外の回答

(3件中1〜3件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

alex007107さん

以下のURLでいかが?一般的にはよくある粉系しかイメージないかもしれませんが、消化の用途に応じた物質でてきています。
http://www.gear-m.co.jp/bousai/shokaki/s02.html

yam21jさん

おもに、リン酸二水素アンモニウムですかねえ。。。。。。。。。。。。
さいきんは、環境にやさしいということで、天然成分の石鹸のような界面活性剤系のものが出てきました。
地下駐車場や電算室や空港などでは二酸化炭素かハロゲン化物(ハロン1301など)がよく使われます。

  • 違反報告
  • 編集日時:2006/10/21 22:00:00
  • 回答日時:2006/10/21 21:53:39

ut5558さん

消火器の成分は、

リン酸二水素アンモニウム NH4H2PO4
硫酸アンモニウム (NH4)2SO4
二酸化珪素 SiO2
シリコーン樹脂
着色剤

からなっており、上の2つは、リン安、硫安という肥料の成分と同じものです。=人体に無毒。
二酸化珪素は、土とかガラスの成分と同一で、不燃性粒子です。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する