ここから本文です

解決済みのQ&A

厚生年金の遺族年金について

baburinkokoさん

厚生年金の遺族年金について

サラリーマンの夫が亡くなった場合
その妻は国民年金第3号ではなく第2号者なのですが
その妻は夫の遺族年金をもらえますか?
ちなみに子供はいません。

補足
(男女)反対の場合でももらえますか?
(妻が死んだ場合)
  • 質問日時:
    2012/11/19 08:24:27
  • 解決日時:
    2012/12/4 04:57:47
  • 閲覧数:
    301
    回答数:
    4

ベストアンサーに選ばれた回答

yoshihiko712さん

補足 夫が受給するには(3)のように条件がつきます

■遺族厚生年金(厚生年金保険)
●支給対象者
(1)妻
(2)子、孫(18歳到達年度の年度末を経過していない者または20歳未満で障害年金の障害等級1・2級の者)
(3)55歳以上の夫、父母、祖父母(60歳から支給)

  • 違反報告
  • 編集日時:2012/11/20 08:34:14
  • 回答日時:2012/11/19 08:38:17

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(3件中1〜3件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

shinnpai69さん

妻の年収が850万であれば受給できます。
ただし、お子さんがいないので、遺族基礎年金はありません。遺族厚生年金のみとなります。

また、ご主人が亡くなったとき奥様の年齢が30才未満の場合5年間の有期給付となります。
30才に達していれば、再婚したり、養子になったりしない限りは終身で受給できます。
ご主人が亡くなったとき奥様の年齢が40才に達していれば中高齢の寡婦加算が
約59万加算されます。
この中高齢の寡婦加算は65才までで、その後はご自身の老齢厚生年金と調整された遺族厚生年金、自身の老齢基礎年金を受給します。

補足について
奥様が亡くなられた場合は、奥様が亡くなられたときにご主人が55才以上でないと、ご主人には遺族厚生年金はありません。しかも60才になってから給付されます。
65才になると自身の老齢基礎年金、老齢厚生年金を受給することになります。
多くの場合は、ご主人の方が収入がいいので、遺族厚生年金はここで終わりになる方が多いのではないでしょうか。

遺族厚生年金については男女差が強く、今後改正される可能性もありますが、いまのところこのような状態です。

共働き夫婦で、妻の収入が家計の大きな柱となっている場合、奥様の方に生命保険を多目にかけた方が安心かもしれませんね。

  • 違反報告
  • 編集日時:2012/11/19 19:13:42
  • 回答日時:2012/11/19 16:18:59

yong_e_panさん

もらえますが、妻の所得が850万円超の期間は支給停止です。

duku1banさん

はい!貰えます。
但し、奥様ご自身が厚生年金を貰う年齢になると奥様ご自身が貰う厚生年金の分が減らされますが。

  • 違反報告
  • ケータイからの投稿
  • 編集日時:2012/11/19 17:42:59
  • 回答日時:2012/11/19 09:11:52

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する