ここから本文です

「気の毒」という言葉は「他人が可愛そう」という意味です。普段、何気なく使って...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

anatomo301さん

2006/11/308:12:15

「気の毒」という言葉は「他人が可愛そう」という意味です。普段、何気なく使ってますが、なぜ「毒」という言葉が使われて「可愛そう」か不思議です。ご存知の方教えてください^^

閲覧数:
2,470
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lonsdaleiteさん

2006/11/308:30:43

気の毒は、「心の保養になること」「面白いこと」を意味する「気の薬(きのくすり)」に対する語。
本来、気の毒は「心の毒になること」「気分を害するもの」の意味で、自分の心や気持ちにとって毒になるものをいった。
他人の不幸や苦痛に接したときに、自分のことのように思って心苦しくなることから、気の毒は他人の不幸や苦痛に対する同情の意味で用いられるようになり、自分の気持ちではなく相手の気持ちを主にいうようになった。
さらに、「気の毒なことをした」というように、迷惑をかけて申し訳なく思うことの意味でも、気の毒は用いられるようになった。


だそうです。私も疑問に思ったのでしらべてみました。

質問した人からのコメント

2006/11/5 20:34:47

成功 勉強になりました、丁寧な回答有り難うございました^^

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

glgl_nya_nさん

編集あり2006/11/308:41:13

「気の毒」は「気の薬」に対する語です。

「気の薬」は、<中世・近世語で、気を晴らす種となるもの。おもしろくて心の慰めになること。また、そのさま。>(Yahoo!辞書より)

それに対する「気の毒」は、<気にかかること。不快に思うこと。また、そのさま。>
もともと自分の心の痛み・苦しみを「毒」として言ったのですが、
自分の心の痛みから、人の心痛を感じて自分の心も痛み、同情するようになり、今は主が他人に対して使うようになりました。

江戸時代、気の病みそうな人には「気の薬」をあげ、不安などを嘆いたり困ったりする原因・行為を「気の毒」といいました。そしてただ「お気の毒に」というだけで何もしてくれないのを「見下ろししぐさ」と言いました。
「気の毒」と思うだけでは「気の薬」にはならないそうです。
http://gogen-allguide.com/ki/kinodoku.html
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E6%B0%97%E3%81%AE%E8%96...

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する