ここから本文です

古本屋に行くとよく透明な紙のカバー(グラシン紙?)がついた本がありますが、昔は...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

singer_rn_hnさん

2012/12/1822:10:26

古本屋に行くとよく透明な紙のカバー(グラシン紙?)がついた本がありますが、昔はそういった本が書店にはたくさんあったのですか?

補足ありがとうございます。
追加質問させて下さい。
そのような本が書店に並んでいた場合、立ち読みしにくくなかったですか(紙がすぐよれよれになるので)?
箱に入っている単行本は専門書であったり高級なイメージがあったのですが、昔はそんなことはなかったのですか?

閲覧数:
582
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

itoku888さん

編集あり2012/12/2210:43:13

岩波新書はみんなそうでしたし、単行本もたいていは箱に入ってかつパラフィン紙がかかっていましたね。

普通は取るんでしょうが私は破れて見苦しいのが嫌でセロテープで張ったりしました。

補足
たとえば岩波の全書なんかはみんな箱入りです(『王朝政治史論』とか『古代の技術』など。専門書というほどの本ではありません)。
あるいは、今本棚で見ると『中国詩人選集』シリーズなどそうです。
あるいは、理工学書だと『20世紀の天文学』シリーズなど。これも中級レベルの一般書という感じで専門書とは言えないでしょう。

私は古本屋で、箱入りの本はこじ開けずに、振って中身を出すということを教わりました。

補足
現代?においては古本屋さんが付けたパラフィン紙もありますが、少なくとも昔の岩波新書はパラフィン紙に最初から包まれていましたし、箱入りの単行本もそうです。
新品の靴下の片一方に型紙が入っているようなものでしょう。不用かも知れませんが(確かに汚れないが、破けやすい)、一つの型なのだと思います

質問した人からのコメント

2012/12/25 09:34:34

皆様ありがとうございました。
BAは大変迷いました。
昔も紙がかかっているのは極少数だったのですね。
また機会がありましたらよろしくお願いいたします。
singer_rn_hn

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fuuichiさん

2012/12/2023:58:31

あの紙はパラフィン紙と呼ぶことの方が多いような気がします。パラフィン紙とグラシン紙、両方あって、厳密に言えば異なるもののようですが、私はその区別をよく知りませんし、たいていの人もそうだと思います。透明というよりは半透明というべきでしょう。
質問者氏がおっしゃっているのは、出版社や消費者(読者)がつけたものではなく、古書店がつけたもののことでしょう。古書店の人が台のうえではさみやのりを用いて本につけている光景を、私も何度か見たことがあります。
あの処置は、たしかに文学書や美術書でかつ高価な本に行う場合が多いです。汗ばんだ手で触れるとふやけるので、注意を要しますし、函をぐるりと取り囲むように包んでいる場合は、本体の出し入れがしにくい場合があります。
本を保護するためにああいうことをしているのでしょうが、客の立場から言わせていただくと、ヨゴレやヤブレなどの欠陥を見えにくくしているものでもあるので、あまりありがたくありません。この世界で相当長い歴史のある習慣なのでしょうが、透明なビニールでやってくれたらいいのになといつも思っています。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

from9972abcさん

編集あり2012/12/2321:36:25

昔の函入りの専門書は、パラピン紙(グラシン紙)が付いていました。古書の世界では、元パラと表現します。
それから、古書店の一部ですが、お店がパラピン紙を全部にわたり付けているお店もあります。
あと、収集家の一部ですが(私も)購入した本に付けています^^他の回答者様のお話のように、岩波書店の本の
一部に使用している本もあります。本は大事に致しましょう^^古書大好きオヤジ^^
補足について。
質問者様のお話によりますと、古書店で汚れを防ぐため物です。汗ばんだ手ではと言うか古書の買い方の本を読みますと古書店では、よほど購入するかしない物はむやみに抜き取らないほうが、マナーとか書かれています?購入する立場だとありのままが良いと考えます。従って古書店の裁量権の問題ですが、何か棚から抜きにくいです。確かに本の欠点も見えない事はベターでないですね。あと最近気づきましたが、ブックスパーいとうさんは、専門書の一部に透明なビニールカバーされた本があります。他のかたも述べておりますが、函入りの本ははこ函を持って振って出すことは常識ですが、まだ、知らない方が居ることも事実です。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アップロード写真

カテゴリマスター

exhibit_10さん

2012/12/1822:35:09

主には購入者が付けたものです。
古い時代の本には、今のようなコート紙などのカバー付き文庫が主流ではなかったためです。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する