ここから本文です

ダーツの4スタンス理論で自分はB2タイプと診断され、それに従って前足の膝を曲げて...

yuzu_blackbassさん

2013/3/522:58:00

ダーツの4スタンス理論で自分はB2タイプと診断され、それに従って前足の膝を曲げてもいいと思ってきましたが…

大会でも平場でも打てるときと打てないときのムラがあるのが悩みで、先日あった大会でもかなりのムラがあり、結局一試合も勝てませんでした。
B2タイプに従ったフォームを作ってそれなりにフェニックスのRt.も半年で7から15まで上がったのですが、4スタンス理論否定派の方々からは膝を曲げて毎回同じ高さから同じように投げることができるわけがないと言われ、確かに自分の不安定さもそこにあるのではないかと感じました。
またその大会の同時開催だったPerfectを見学してて、膝を曲げているプロなんてほぼ皆無だったことからフォームを膝を曲げないように直したほうがいいのかな?と考え始めています。
是非4スタンス理論肯定派、否定派どちらの方からもご意見をお待ちしております。

補足ちなみに今は前足を自然に曲げて、後ろ足を伸ばしています!

閲覧数:
7,901
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2013/3/621:41:48

4スタンス理論肯定派です。というより否定派の方は理解が出来ていないだけかと。確かに最近あまりに怪しい肯定派が増えましたが体軸に関しては全員共通でガチだと私は考えています。他の項目は正直タイプに寄りますが。

まず大まかな体に関するルールが守られないとさすがにAフラは無理です。ご自身ではしっくりきたんですよね?それが正解です。
今回はかなり簡単な話で、そんなに気になるなら膝を伸ばし切ったフォームで投げ続けてみれば分かります。BⅡなら特にです。力が全然入らないのが分かるはずです。ダーツに上手く力が伝わりません。

<膝を曲げているプロなんてほぼ皆無だった
いや、約半分は膝を曲げていると思います。というかアマチュアでも半分ほどは自然に膝が曲がります。あまりに大きく曲げているタイプが少ないだけでは??まぁ最近のパーフェクトの決勝あたりの面子はAタイプが多いのも事実ですが。

<膝を曲げて毎回同じ高さから同じように投げることができるわけがない
毎回膝を曲げるのは難しいでしょうか??実は世界チャンピオンポールはマッスルメモリーと呼んでいますが筋肉が同じ動作を記憶するので反復練習すると意外に同じフォームになるんです。それをいうなら毎回同じ位置でテイクバックする方が遥かに困難だと思いませんか??


補足読みました。
yutxsigさんに関して
確かにBⅡのプロはあまりいない・・・というよりはトッププロがいないイメージですね。
<セットアップの入り方・セットアップの位置・・・・すべてが一致していないと逆効果ですよ。

そんなことはありません。少なくとも逆効果ということはまずありません。が、SDBの理論を信用し過ぎるのもよくないです。同じタイプでも体の使い方が同じなだけで、テイクバックなどの細かい個所は個人差が大きいです。A2もテイクバックは大きくと言われますが実際は短いプロが殆どです。しかしスタンスに関してはかなり信用していいと思います。

自然に曲がるならそれが一番かなと思います。

質問した人からのコメント

2013/3/10 14:30:54

成功 皆様ご丁寧にありがとうございました!結局色々試してみましたが、前のフォームじゃないと疲労感がすごいので、戻そうと思っています。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2013/3/809:57:55

4スタンスは肯定しています。ですが、信者ではありません。
考え方の一つとして参考にしている、といった感じです。
(ちなみに私はA2です)

私から一言申し上げたいのは、4スタンス理論は入れる為のフォームを作る為のものではないと言う事です。
4スタンス理論は、その人にとって一番長持ちする(スムーズに動いて故障が少ない)体の使い方を導く為のものです。
まずはこの事をしっかり認識して下さい。

私の周りにも結構居るんですよ。 4スタンス理論に従って試して入らないから この理論はインチキだ、何て言う方が。
4スタンス理論の本来の目的を再度認識し、そのフォームをベースに(次の工程として)狙った所に投げる為にはどうしたらよいかをご自身でお考え下さい。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

seventhtarouさん

2013/3/706:19:29

私は肯定派でも否定派でも無いです。

色々御自身で試されてるようですから、一番入って楽なスタンスが良いんじゃないですかね。

実は「楽な」ってのが結構重要で、質問者様のようにトーナメントに出られる方は、いくら入る確率が上がっても2時間やそこらで疲れちゃうんじゃ意味が無いです。
ロビン全勝でベスト8辺りで大失速なんて事になりかねません。


色々参考にされるのを否定はしませんが、過剰に振り回されると楽しく無くなりますからご注意下さい。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

yutxsigさん

2013/3/620:29:51

こんにちは。
私は4スタンス理論肯定派です。
まずあなたは本当にBⅡタイプなのですか?
BⅡタイプであれば後ろ足を曲げないと力が伝えられません(注意:前足は伸ばしたままですよー)
プロダーツ選手でBⅡタイプは、なかなかいません。いても見つけにくいです。
セオリーと真逆なので・・・
それにBⅡタイプだといって、スタンスだけに注意してはダメですよ。
セットアップの入り方・セットアップの位置・ダーツの向き(BⅡタイプはこれ重要)・テイクバック・スローイング・・・
すべてが一致していないと逆効果ですよ。
水口敦貴選手は本当にBⅡタイプの選手ですよ。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

dmskxさん

2013/3/613:27:49

4スタンス理論を詳しく知らないので思ったことを書きます。

膝を曲げて投げる瞬間は伸ばすのですか?
伸ばすのでしたら高さは少しずれそうですね

またそこを不安に思っているのでしたら
投げる前にそこを意識する分投げることの集中力が分散されたりする人や
不安だと意識してしまい余計同じように動くことはあまりできなくなる人もいるかと思います
逆にフォームなどで意識してないで動く分には意外と毎回同じように動いてることが多いです

あとは自分がどれぐらい動いているかを知るのもいいと思いますよ
知り合いなどに動画を撮ってもらえば客観的に見れると思います


相手が的で動かないですし、一定の距離で投げるダーツなので投げる時に体が無駄に動くことはなるべくない方がいいですが
身長や関節の固さや可動域は人それぞれなので投げやすい形もバラバラですよね

今回の膝も膝を曲げて投げやすい人でも
ずれるから曲げないで投げる人と対したズレはない!と気にせず曲げる人両方いると思います

もし伸ばして少し投げにくいけど、ずれるから伸ばすのであれば
腕や手首など違うところを改良して同じくらい投げやすくなる可能性もあると思います

正直、同じ動きをして練習すれば…って話をしたらフォームなんてなんでもいいってなってしまうので
自分はムラの原因がこれだと思ったなら変えます
ただこれかも?で変えるとなにがいいのか悪いのかわからなくなってしまうので
まずはしっかり原因を見極めるのが重要だと思います

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する