ここから本文です

未決拘留期間について

kyoeipromiseさん

2006/12/2719:11:04

未決拘留期間について

懲役1年6ヶ月の実刑判決を受けるまでの未決拘留期間が2年だった場合、
判決後ただちに出所できるのでしょうか?

閲覧数:
6,525
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2006/12/2722:02:28

未決勾留の日数は、本刑(懲役又は禁固)の日数に算入することができるだけであり(刑法21条)、必ず算入しなければならないものでもありませんし、また算入しなくても構いません。
通常、本刑の日数に算入される未決勾留の日数は、1/3〜1/2だそうです。
※参考URL:「実刑1年といっても、未決が引かれて1年はいきません」(http://lodaichi.exblog.jp/2999268

質問は、おそらく奈良県の事件における控訴審判決の報道を受けてのものだと思います。
この控訴審判決では、執行猶予(刑法25条)のない懲役1年8月の実刑判決が言い渡されましたが、算入される未決勾留の日数が500日と思いのほか多く、実際に収監される期間は3ヶ月ということです。
控訴審判決は、一審の地裁判決より重くされていますが、これは一審判決から控訴審判決までの8月を除いて、なお3月の懲役を科すための判断であり、算入される未決勾留の日数は前記判断から決定していると考えられます。
※参考URL:「騒音おばさん」4月にも帰ってくる(http://www.sponichi.co.jp/society/news/2006/12/27/02.html

このように、本刑に算入される未決勾留の日数は、裁判所の判断次第という面が否めませんが、例えば質問の事例のように懲役1年6月、未決勾留の日数が2年であっても、実刑判決後直ちに解放されることは通常ありえないと思われます。

なお、未決「勾留」であり、「拘留」は1日以上30日未満の禁固に相当する刑罰を意味します(刑法16条)。
確定判決まで被告を拘束するものが「勾留(刑事訴訟法60条、204条、205条)」、確定判決により科される刑罰が「拘留」と憶えて下さい。

質問した人からのコメント

2006/12/27 23:26:05

驚く とてもよくわかりました。疑問の源泉も的中してます。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する