ここから本文です

キッカー撮影 ビデオカメラ設置方法について 質問お願いします。 キッカーの練...

yujieatworldさん

2013/7/501:29:50

キッカー撮影 ビデオカメラ設置方法について

質問お願いします。
キッカーの練習のために、パーク脇にビデオカメラを置いて自分で撮影したいと思います。


室内ではなく、冬ゲレンデでの話です。


先輩に聞いたところでは、三脚を使って設置と言っていました。が、なんとなく邪魔になりそうで…
もう少し謙虚な?うまいやり方はないものかと考えています。


GoproやContour等ウェアラブルカメラをパーク脇のポールに固定する。又はディガーさんにドリル借りて、一脚をポールみたいに雪面に刺す

なんてことも自分なりに思いついたのですが、特に問題点はなさそうでしょうか?


ちなみに自分はビデオ機器やカメラには詳しくなく、今手元にあるのは安物のデジカメくらいです。
練習に役立つならビデオ等買おうと思っています。


その他先輩から頂いたアドバイスとしては、普通のビデオでは寒冷地ではバッテリーが持たないこと。ゲレンデ内なら大丈夫かなと言っていました。


実践されている方やビデオカメラをお使いの方、皆様なりのやり方なり、アドバイスなり、ご意見お願いします。

補足回答ありがとうございます。自分は平日休みも多いので、撮影は基本平日のみで考えています。

レイアウトについて、参考にさせて頂きます。


ホームの常設パークでは(昨年は)、下から見てキッカー左はジブセクションを挟んでコース外なので少し遠く…キッカー右は、3mくらい空いて、ポールと少しのネットを挟んで初中級コースとなっています。場合によってはキッカーを避けて滑る方もいると思うので、右側でもあまりスペースを使わずにできないかと考えています。

撮りやすいパークレイアウトのスキー場があればホーム変更も考えてみます。

閲覧数:
1,162
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2013/7/512:20:56

平日なら人も少なく、設置もしやすいと思います。
自分の場合、ホームが白馬なので47が多いですが、まずアプローチとランディングに邪魔にならない場所。
アプローチは、見てれば大体の範囲がわかると思います。
追い撮りする人が入れば、どの部分から抜けるか?その範囲を避けたり、まれにBIGキッカーを飛んでる人を見たい飛ばない人がいたりするので、その飛ばない人が通るラインも固定はしません。
遠くなる場合はズームを使いますし、セパレートが張ってあるならポールにカメラを固定する方法もあります。
どのパークでも固定して撮影する人はいるので、自分の好きなアングル探しから初めて、常識の範囲で邪魔にならない場所を探すしかないです。

パークの状況にもよりますよね。
篭ってる側からすれば、週末組よりはいつでも撮れるのであまり混んでる時は撮らないようにしてたりもします。
1番いいのは、パーク脇にカメラマンがいて撮ってもらい、飛んだらすぐ移動するのがベストでしょう。

追い撮りする人は、飛ばず脇からテーブルを流す事が多いのでリップ脇も邪魔になります。(赤)
リップ脇の崩れた部分やパウダー部分はまず使いませんので、ここなら三脚を立てても邪魔にはならないと思います。

寒冷地ではバッテリーが持たないです!なので予備を3個ぐらい用意出来ればいいと思います。
あとはバッテリーを冷やさない工夫をするしかありません。

平日なら人も少なく、設置もしやすいと思います。...

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2013/7/910:51:50

当方GoProHERO3とContour+両方所有しておりますがContourの撮影角度は結構ワイドなので魚眼レンズつけなくても
結構な横幅を撮影きますし内蔵バッテリは交換できますけど付属しているUSB充電ケーブルを挿しながら外部のUSBバッテリを
使ってあげれば10時間くらい連続撮影できます、GoProも同様の事ができます
ポール立てる際には天辺に赤いリボンでも付けておいた方がいいですね
ホワイトアウトした際に見つけやすいですから

penpen8492さん

2013/7/807:43:01

こんにちは
キッカーだとなかなかすべてをアングルに捉えるのは難しいのでアプローチだけとかランディングだけとかポイントを絞った撮影方法になっちゃいますね。

追い撮り出来ない時はスタート地点から板3枚分位を目安に三脚で置いてズームしてリップを狙って放置しています。
ランディングや横方向から撮影はキッカーが小さかったり、キッカー脇にリップ位の高さがある所なら横から狙ったり出来ますがそうでない時は諦めですね。
白馬方面だとヤナバとかも良く行くんですが、ヤナバとかだとキッカー脇に山があるのでよじ登ってカメラを置き去りにしたりしてますね。

自分は土日ばかりですけど、カメラに突っ込んだ人はいないですね。
ある事に気が付けば結構、余程アイテムの直近に無ければみんな避けて行きますし、自分が滑っていて邪魔にならない所なら大丈夫だと思いますよ。

>…キッカー右は、3mくらい空いて、ポールと少しのネットを挟んで初中級コースとなっています。
ネット際に三脚で狙うのも良いですね。
あとは魚眼レンズ使って広角にすれば3m程度でもある程度は映るかも。

>その他先輩から頂いたアドバイスとしては、普通のビデオでは寒冷地ではバッテリーが持たないこと。ゲレンデ内なら大丈夫かなと言っていました。
デジカメで長時間撮影した事ないのでどの位もつかはわからないですが、ビデオカメラとかなら140分のバッテリーとか買えば2時間は余裕で放置出来ますよ。
自分は白樺湖周辺の寒いスキー場で撮影することが多いですし、しかも6年以上前のビデオカメラで2時間持つのでだいたい20%落ちる程度で考えておけば大丈夫だと思いますよ。
ただ、自分も予備バッテリーは140分と70分(標準付属)の計3つは持ち歩いています。
滅多にフルに使い切る事は無いですけど、無くなりそうってドキドキするのが嫌なので。
いつものパターンだと最初は設置して取って、足慣らしが終わった午後に追い撮りって感じです。

参考になれば幸いです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。