ここから本文です

解決済みのQ&A

物権変動対抗要件とは何ですか?

ronaldo_and_realさん

物権変動対抗要件とは何ですか?

  • 質問日時:
    2013/7/21 02:33:23
    ケータイからの投稿
  • 解決日時:
    2013/7/22 12:30:10
  • 閲覧数:
    149
    回答数:
    1
  • お礼:
    知恵コイン
    100枚

ベストアンサーに選ばれた回答

kaminisugarukurainaraさん

対抗要件とは、法律関係の効力を第三者に及ぼす(=対抗する)ための要件です。

物権変動対抗要件とは、物権変動の効力を第三者に及ぼすための要件です。

物権変動は、民法176条により、当事者間では意思表示で成立します。

たとえば、Aが「土地を1億で売るよ。」と言い、Bが「よし買った。」と言った場合、売買の意思表示により、土地の所有権はAからBに移転します。

もっとも、当事者間で意思表示があっただけでは、第三者は今所有権がABどちらにあるのか分かりません。

Aが二重譲渡しており「俺もAから土地を買った」というCが出現した場合、どちらが所有権を取得するのか、その優劣決定基準が必要なのです。

そこで、第三者との関係では、不動産は「登記」を(177条)、動産は「引渡し」(178条)を対抗要件とします。

つまり、AがBに登記を移転していれば、BはCに対して土地の取得を対抗でき、他方Cは登記を得られませんから土地の取得をBに対抗できないことになり、優劣が定まるわけです。

質問した人からのお礼

  • 降参詳しい回答ありがとうございました
  • コメント日時:2013/7/22 12:30:10

グレード

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する