ここから本文です

スティンプメーターおよびコンパクションについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

kkkkkaikaiさん

2007/3/1816:42:52

スティンプメーターおよびコンパクションについて

プロのトーナメントでスティンプメーターが○○フィート、コンパクションが○○ということを良く放送しています。
調べてみても、なんとなく解るんですが、細かく詳しいことは解りません。
スティンプメーターはボールの出発点はグリーン面から上へ何センチのところから、樋状の溝は何センチを転がし、どこを基準にボールの転がりを計測してるんでしょうか。
また、コンパクションは何を基準に12とか11とか言ってるんでしょうか。
compaction:蜜圧と出ていました、スティンプは英和では見つけられませんでした。良くご存知の方よろしくご教示願います。

閲覧数:
15,505
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2007/3/1817:54:14

スティンプメーターは、下記を参照してみてください。
http://www.pk-shibuya.school-info.jp/fg-slope/RollingScience/_tP2Ny...
8-9一般営業のゴルフ場で速いと感じる
10-11トーナメントでの平均
11-12トーナメントでも速いと言われる
12-マスターズ並み

コンパクションメーターという、直径5mm程度で円形の鉄棒をグリーンに差し、その鉄棒の入り具合(バネ仕掛けとなっていて目盛りにて計測)にてグリーンの硬さを計測します。グリーンの花道付近、出口付近を含め、前後左右、中央を計測してその平均を取り、その数値がそのグリーンのコンパクションとなります。
雨上がりが10、通常のコース設定で11ぐらい、ツアートーナメントでは13ぐらいが平均と言われています。単位が大きくなればなるほど硬いです。
http://www.envco.ro/produse/soil%20compaction64.jpg
想像しにくいと思いますが、八百屋等に昔あったバネ式の吊りハカリをご記憶でしょうか?
あれは引っ張って単位を出しますが、逆にコンパクションメーターはそれに長い棒を付けて押し込んで測る様なイメージです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
簡単にみんなで作るショート動画アプリ Yahoo!Chocotle for Android(無料)
ベストアンサー以外の回答
1〜1件/1件中

onthescrewさん

2007/3/1823:38:52

スティンプメーターは、エドワード・スティンプソン (Edward Stimpson) という人が考案したので その名前が付いたそうです。日本では、グリーンのスピードをスティンプが幾つと言いますが、その言葉の使い方は和製英語です。英語ではグリーンを短く刈ることを stimp (動詞) とか stimping と言います。
参考 http://www.mamejiten.com/golf/diary/S/019.htm

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する