ここから本文です

英語でEメールを初めて出す場合、「初めまして。」という表現をNice to see you ...

kawaichan172さん

2007/4/2123:22:32

英語でEメールを初めて出す場合、「初めまして。」という表現をNice to see you 以外で何か良い表現はありますか?
ビジネスでEメールを出したいのですが丁寧な表現では何と書いたら良いでしょうか?

閲覧数:
174,513
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

azusa_718さん

2007/4/2200:36:52

丁寧な表現はありません。そのそもビジネスメールは用件重視です。体裁はいりません。
したがって、「はじめまして」は使わず、まず名乗ることです。
例を示します。あなたはA社の鈴木さんとし、相手はAndrsonさんとします。

Dear Mr. Andorson. ①

I'm Mr.Suzuki work for A corp. ②
I accept・・・・・・ ③

regard・・・④

A.Suzuki・・・・⑤
xxxxDiv. Manager
A corp +3-1234-5678

①は日本の企業と付き合っている場合はMrを省き、Dear Andorson-sanなども使います。「さん」は良く使いますよ。日本系企業ならDearもいらないでしょう。
②は自分自身にMrを付けていますが、この場合は性別を表し、男性の鈴木ですという意味です。
in chargeとして、担当であることも伝える場合もあります。
③は本文例です。

ビジネスメールでは手紙や実際に会った際のセレモニー的な文章のやり取りは一切不要です。自己紹介を簡単に済ませ、直ぐに本文を記載することができます。
④最後にthanks、best regardなどの言葉と⑤名前、所属、役職、会社名を記載します。

逆に親しくなると、Are you fine?やhow do your boy?などの相手の身近なところに気を使う表現を入れる場合はあります。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

megdeiskさん

2007/4/2313:29:39

やはり”Hello”でしょうね。 ついで(蛇足?かも)ながらe-mailは形式ばった事は極力避けるべきで、よほどの相手か、毎日メール交換をしている親友宛に、冗談めかしてDearを使うなどのケースを除いてはHelloで十分かつ決して失礼でもありません。 質問にはありませんが日本語のメールで
前略や冠省など、或いは「時下益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。」的な挨拶は”最低”で、むしろマナー違反でしょう。 以前に読んだ村上龍氏のe-mailについての本(題名忘れました)の中でのメールの出だし文句に「今日のパリは雪模様です」みたいな一文があって、たった一文で「今、パリに来ている」事と「パリの今日は雪だ」という二つのことが見事に、簡潔に表現されている。。。と。
是非、ご参考、そして「さりげなく」「簡潔明瞭」なe-mail美人(男性?)になってください。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sainsberrysさん

2007/4/2216:29:38

私はいつも始めてメールを出すときには下記のように書いています。

Dear Mr Smith,

My name is Yamada from ABC Company and I am writing to inform you...
(私はABC社の山田であなたに・・・をお知らせするためにメールを書いてます)

どうしても「始めまして」、と言うニュアンスを入れたいときは、

My name is Yamada from ABC Company and it is my first time to contact you(私はABC社の山田で、初めてご連絡します。)と書きます。

無くてもいいけど有ってもいいと思います ^ー^
すでに知ってる人には用件だけでOKですが本当に初めてメール出す場合は少し丁寧に書いたほうが印象がいいです。(このあたりは日本と一緒ですね☆)

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mmxx2255さん

2007/4/2207:12:47

手紙、メールの場合、

It's nice to write to you.

という表現があります。
必ずしもはじめてのときだけに使われませんが、「はじめまして」の意味で使うこともできます。
Nice to see you. の witten 版とでも言えるでしょう。

メールはフォーマルではないですから、とくに丁寧な表現に気を使わなくても良いです。

一例がありましたので貼っておきます。(多分手紙の例ですが)
http://lists.ximian.com/pipermail/mono-patches/2001-January/017426....

なお、手紙の後のほうに (It's) nice writing to you. と書くことがあります。
会って別れるときの Nice meeting you. に近いと思います。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

hinzozさん

編集あり2007/4/2123:52:43

EメールでNice to see you. と言うのはちょっとおかしな表現になると思います。
というのも、その表現は実際に相手に会ったうえで使う言葉なので・・・。
相手の人に実際に会った時には、Nice to see you. 以外に I'm so glad to see you. またはPleased to meet you. と言えますが。
フォーマルに言う場合はHow do you do? と言います。(これに対する返答はHow do you do? です)

Eメールの場合は実際に相手が目の前にいるわけでもなく、会っていない状態なので、Hello.でいいと思いますが・・・。
手紙と違って、Eメールの場合は dear○○ と書く必要はありません。(書いてもOKです)

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する