ここから本文です

解決済みのQ&A

『拝啓』と『敬具』の使い方を教えてください

aiaiai_cさん

『拝啓』と『敬具』の使い方を教えてください

  • 質問日時:
    2007/4/29 00:42:34
  • 解決日時:
    2007/5/13 03:24:08
  • 閲覧数:
    438,547
    回答数:
    4
  • お礼:
    知恵コイン
    25枚

ベストアンサーに選ばれた回答

shoesshoesさん

『拝啓』で始まる手紙は必ず『敬具』で終わります。
その場合、拝啓のあとには時候の挨拶を入れます。

時候の挨拶を省略したい場合は『前略』で始め『早々』で終わります。

具体的な書き方については下記HPなどに詳しく出ています。
http://www.hamajima.co.jp/kokugo/tegami/

  • 違反報告
  • 編集日時:2007/4/29 00:48:56
  • 回答日時:2007/4/29 00:47:22

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(3件中1〜3件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

wyddt840さん

①あらたまった場合
 頭語:謹啓/謹呈/奉啓⇒結語:謹言/謹白/謹上

②一般的
 頭語:拝啓/拝呈/啓白⇒結語:敬具/拝具/敬白

③一般的(女性向け)
 頭語:一筆申し上げます⇒結語:かしこ

④一般的(女性向け)
 頭語:突然で失礼とは存じますが⇒結語:かしこ
 頭語:前略ごめんくださいませ⇒結語:かしこ

⑤前文を省略する場合
 頭語:前略/冠略/略啓⇒結語:草々/早々/不一

⑥急ぎの場合
 頭語:急啓/急呈/急白⇒結語:不一/早々

⑦重ねて出す場合
 頭語:再啓/再呈/追啓⇒結語:再拝/拝具/敬白

⑧返信の場合
 頭語:拝復/拝誦/拝披⇒結語:拝答/謹復

★文例(拝啓⇒敬具)季語に五月を使用しました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1111372671

CASICO

aegeanyamatoさん

拝啓とは、訓読みすれば、「おがみもうす」
ということで、おじぎをして申し上げるということです。
人と会うとき、おじぎをして言葉を発するが、これと同じことです。
そして文章を綴りはじめるのです。
敬具とは、訓読みすれば、「うやうやしくととのえる」
ということで、敬意を表して結ぶ。ということです。
人と会って話し、別れるときに、それではまた、というように別れ際に種々言うが、
そのようなことをこの敬具で表現しているのです。
拝啓と敬具が頭語・結語のペアであるのも、両方とも謙った意味合いが内在しているからです。
因みに、そのほかの頭語・結語のペアには、
前略・草々(時候の挨拶を省略し、いきなり本文に入る場合)や
謹啓・敬白(拝啓・敬具をさらに叮嚀に表現)などがあります。

gaianoasaさん

何かを依頼するとき、それも目上の人やお客さんに宛てる文面の冒頭に「拝啓」
「敬具」は文末から改行して右隅へ、これが一般的です。

かしこまらなくていい場合には「前略」「草々」でいいでしょう。

拝啓と敬具、前略には草々です。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する